ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2006/10/08

芸術の感性と限界と天性

ポスト @ 16:19:37 | 想綴

酔った勢いついでに

一つの撮影場所でも色々撮影を試みる
1つの構図に対して1ショット限定を基本としているが
今回は何回かズームさせて撮ってみたり
同じ構図でタイミングを変えてみたり

おっと、最後はちょっと考え無しに撮ってしまっただろうか

上手な人はもっと表現のレパートリーがあるんだろうなと
自分の絵を見ていて思った

それは上手い人の絵を知っていて模倣できる人かもしれないし

元々構図に対する天性とも言える感性がある人かもしれない

また経験が豊かな人なのかもしれない

その経験の一つが有意義な、そして賢く考え受け止めて消化できる人

これも天性の人かもしれない

どんな絵がカッコイイか

どんな絵が旅情を感じさせるのか

どんな絵が感動を与えるのか

知っている人、表現できる人をうらやましく思う

それは自分が越えて到達できるかは分からないけど

天性というのはあるんだなと他人の絵を見て日頃感じる

ただ自分が言いたかったのは

何をやっても上手な人がいるし

何をやってもうまく行かない人もいるし

何をやっても中途半端な人もいる

自分はどうなのかなと日頃気にしている

それを言いたかっただけ

それでもヘタの横好きは続く

Comments in Forum

2 Comments