ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2008/03/11

第一日目 - 第13回新潟旅行

ポスト @ 23:59:59 | 旅行

職場での最後の仕事を終え、家へいったん帰る。
朝10時ちょっと前に、自宅を出発。
御殿場を経由して、朝11時頃、山中湖に到着。

山中湖は道の端に所々雪が残るも、暖かかった。
富士山の写真など撮って、再び出発する。

河口湖のガソリンスタンドで満タン補給して、中央自動車道・河口湖ICから高速入り。
途中の談合坂SAで昼食。フジザクラポークの角煮麺がウマかった。

去年6月23日に開通した圏央道、八王子JCT〜あきる野ICを通って、
これで都心を通らずに中央道から関越道にまわることができる。
道中は快適で、順調に関越道まで合流できた。
ここから、約270km。長い長い新潟への道のりが始まる。

▲途中の上里SAにて、新潟の看板と愛車を絡める(14:05)
水上を抜け、延々と走り続けるとついに関越トンネルの入り口、谷川岳PAへ到着。

▲約11kmの長さを誇る自動車最長トンネル、関越トンネルの入り口。

そして、11kmの長い道のりを超え、群馬県から新潟県へ。

▲土樽PAにて撮影。雪山に囲まれ、新潟県へ上陸。

雪中の関越道、湯沢を走り抜ける。
道は除雪されており、ノーマルタイヤでも楽々走行。
だがフェンスの外は雪原が広がっており、豪雪を感じさせる。
今年は寒く、よく雪が降ったであろう・・・・。

▲16:30頃、越後川口SAに到着。
雪積もる中を苦労して歩いて踏み越えて、展望台から見えた景色は・・・・。

眼前に広がる、信濃川の流れだった・・・・!

除雪車の車庫入りを見て、雄大な自然に畏怖しながら、越後川口SAを去る。

そして、長い道のりを経て、ついに私は17:30過ぎ、新潟へと上陸した。
このときのために用意した Last Utopia-Holy Land Anthemの
永久ループをBGMに、粛然と万感の思いを込めて、新潟市への上陸を彩る。

そして、まず新潟旅行での飲み屋のベースキャンプとしている
沼垂の山小屋へと向かうが・・・・。

マスターがお休みで20日まで営業しないとのこと(T_T)エー
非常に残念。
顔なじみのママさんに状況を聞いてみると、
月に10日間休んでがんセンターに入院して、20日間働いているとのこと。
非常に残念。
マスターの息子さんがやっている、駅前の山小屋を紹介してもらい、
まずホテルにチェックイン。車をおいて、積み込んだ自転車で移動開始。

▲しばらく戻ってこられない景色であろう。懸命に、撮り収める(18:32)
そして、駅前の山小屋に行く。何回か前の新潟旅行からお世話になっている、
マスターの息子さん。マスターにそっくりである(^^)
マスターに渡す予定であった、おみやげを渡していろいろお話をしながらお酌。

ご厚意で春の山菜の天ぷらなどいただいたり、非常に感謝。
今回の新潟旅行のベースキャンプとなる飲み屋に決定した。
ここでマスターの入院している部屋番号を教えていただき、明日以降、
お見舞いに行くことにした。地元静岡の写真など、渡したいおみやげはまだまだある。

そう、生きていく上で、いろんなものをもらったから。
「人生はリズムよく、タイミング良く」という言葉も。
彼の登山という趣味に学ぶ、物事に、真剣に、我慢強く取り組むという姿勢も。
己の第二の故郷で、挫けそうな心を癒して、より強くなっていく力も。

だから尽くす。私は、彼のために尽くす。
尊敬すべき、人生の先輩に向けて。

そして、一旦駅前の山小屋を出て、沼垂の飲み屋を探して移動する。
初めて入る焼き鳥居酒屋で気になっていた、「一番どり」。

入ってみると、とてもアットホームな雰囲気を一瞬で感じた。
コレは居心地がいいと、直感で感じる。お客様を迎える雰囲気だ。
「自分は沼垂者(ぬったりもん)だった」という話から始めていくと
常連らしき客達と意気投合。楽しく杯を酌み交わす。
また、再会することを約束して、一番どりを去る。

そして、かつて住んでいた家に向かって、ゆっくり移動していく。
途中の沼垂貨物駅は・・・・。

まるで死んだかの様に静まりかえっていて・・・。
この後日、沼垂貨物の錆取りしか来ないDE10を待ち受けることになるのだが・・・・。

そしてかつての生家に値するアパートの前に立ち・・・・。

変わりゆく生家と自分を記録に遺す。(22:19)


住んでいた町の景色は、どこもかしこも、甘く切ない胸の記憶であって・・・・。
なりふりかまわず、なんでも撮り収めていた。必死に、必死に感度を上げて
シャッター速度を稼いで、時には三脚をたてて・・・。


私は、そう、沼垂に存在していたのだ。Ah,I was existing at Nuttari.

通勤客を乗せるバスも、なんの臆面もなく必死に撮って・・・。

万代橋を、駅側北、古町側北、南、駅側南と、4方向全部から撮って、

ホテルに戻って、N13、第13回新潟旅行の一日目はこうして終わりを告げた。
寝たのは1時前ぐらいだっただろうか・・・。
飲んだくれていて、あまり記憶がない。

<2日目に続く>

Comments in Forum

コメントする