ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2008/09/28

Soul Station -安息の地- 08年9月 猿橋中央本線撮影

ポスト @ 23:26:10 | 湾岸マキシ,撮影記,日記

Soul Station -安息の地- 08年9月 猿橋中央本線撮影

前日、H氏とジョイ諏訪で別れ、一路山梨県を目指すことにした筆者。
さて、今回の撮影記のデキは? 旅の行方はいかに?

帰還@YUUです。
この日は、筆者がお気に入りのポイントとしている、
筆者にとってはいつもの、それでいて特別な場所である
猿橋での中央本線の撮影と、マキシ遠征を行った記録です。

9月27日。23時が終わる手前ぐらい、ジョイ諏訪を出て、一路西へ向かう。
いつもは、御殿場・篭坂峠・山中湖経由で、大月方面へ向かうのだが
気まぐれから、富士・朝霧高原経由で大月へ向かうことにする。

吉原・富士と経由して、広見ICの近くのガソリンスタンドで満タン給油。
西富士道路を疾駆して、そのまま朝霧高原を抜けて、真夜中の富士吉田駅を
横目に通過して、大月方面へ国道をひた走る。

途中のコンビニで、ビールとおつまみ、28日分の朝食を調達して撮影地へと向かう。
大月付近の国道20号線はバイパス化されており、アクセスが楽になった。
程なくして、猿橋の撮影地に到着。

ビールをあおりながら、ほろ酔い気分で真夜中の貨物の光跡を撮り収めて、
撮影場所をスローシャッターで撮影する。

そして、コンタクトレンズをはずして、眠りについた。

ZZZzzz (- o -)
ZZZZzzzz
・・・・。

起きると朝8時過ぎ。撮影を始める。
さて、順を追って、絵を並べていこうと思う。
撮影機会が多いため、途中の列車をいくつかはしょっている。


▲8:28 しょっぱなはスカ色115系M9編成の1453M

▲8:32 そして後ろからあずさ3号が迫り来る

▲8:41 424M。C9編成。

▲9:01 スーパーあずさ5号。踏切が鳴り出してからの
接近がとても早いのでいつもタイミングに戸惑う。

この日は、折しも始終曇りの天候。
おかげで陰が発生せず、この撮影地ならではの両方向撮れる条件が最大限発揮される。
しかし、秋を迎えて肌寒く、毛布にくるまりながら、ひっきりなしにやってくる列車を
待ち受けながら撮影していくが、あまりにも寒いため、
途中から車のエンジンをかけて、暖房を使う。それほどに寒かった。


▲9:16 185系B3編成のはまかいじ。

▲9:21 485系改造車両「華」使用の、快速お座敷甲州ぶどう狩り号

▲9:27 531M。編成流しに挑戦するも、若干露光がオーバー。

▲9:34 6月30日まで行われていた山梨デスティネーションキャンペーンの
「モモずきん」塗装189系のホリデー快速河口湖1号。

▲9:38 編成流しはまずまずの出来。

▲9:54 「宴」使用の列車。携帯で探した時刻表には該当の記述はなかった。

▲10:07 かいじ106号。上りアングルは編成が入らないことが多いが、
面が良く生き生きと見える。

▲10:15 何度でも訪れたくなる撮影地である

▲10:32 「ニューなのはな」使用の、快速お座敷山梨ぶどう狩り号。

▲10:35 215系使用のホリデー快速ビューやまなし号。

▲10:56 少し望遠も使ってみる。150mm相当。

▲11:24 201系の姿はもう見えない。

▲11:34 大月の折り返しを撮って・・・

▲11:36 日曜の中央本線は激減する貨物。ブルサンを撮る。

そろそろ撤退の準備をしながら、広角でバシッと決めてみる。


1/1250secぐらいで止めている。

これにて今回の猿橋の撮影は終了。
この後は、大月ICからETC休日中間割引の恩恵を受けて、
甲府昭和ICまで中央道でひとっ飛び。
甲府に上陸し、ドンキホーテ石和に向かうも、
ゲーセンがつぶれていてマキシは出来ず。
次のブラックホールへ行くと、店はタイトーステーションに変わっており、
店の中は前回遠征時と比べて、変わらずだった。

4台設置のここで一戦交え、4人参加で2位の結果。
レベルが高そうだったので、まずまずの結果といえよう。
時間も時間だったので、見切りを付けて、つぎはリバーシティへ向かう。
リバーシティではマキシ4台が順番待ちでプレイというにぎやかな状態。
31人抜きでプレイしていると、早速乱入を受ける。
相手は中高生の面々で、当方は1位1回、2位1回で場を辞する。
すると対戦前後で声をかけてくれたTA氏は、自分のこのブログをご存じという。
驚きである。世界は狭いものである。この場をお借りしてお礼申し上げたい。
山梨は全国レベルの強豪揃い。私など到底かないはしまい。
対戦していただいたお礼を言い、甲府を離れることにする。

少々迷って、一宮御坂・河口湖を経由して、山中湖・御殿場周りで帰った。
非常に疲れたが、楽しかった。気分転換になったと思う。

Comments in Forum

2 Comments