ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2008/11/18

0811 小布施 長野電鉄撮影行 the 研修旅行

ポスト @ 22:20:28 | 撮影記,旅行,日記

[2008年のレポート一覧へ戻る]




酔ってます酔ってます(08/11/18 夜現在)
YUUです。
旅行帰りに同僚と飲んで帰ってきたので酔ってますが、勢いに乗って執筆です。

この日は、自治体の研修旅行に、勤務している会社として出席し、
同僚と二人で行ってきました。

行き先は、長野県にある、上高井郡小布施町
秋は、栗を名物にした食べ物が売り物になるという古い街並みを残した町です。
事前に参加することが分かり、また、到着先での観光がフリー行程となるため、
長野電鉄をなんとしても撮り収めると息巻いて参加しました。
しかし、滞在時間3時間、自由時間は2時間近く。さて、自分はどうやって長野電鉄を撮るのか?
その記録です。

同僚と待ち合わせて、7時15分、某駅近くにて集合して出発。

▲8:57 中央道・谷村PA

▲10:48 長野道・梓川SA
長旅にて、12時過ぎに、長野県上高井郡小布施町に到着。

▲12:21 北斎館に到着 若干肌寒い

▲12:36 竹風堂で昼食。栗おこわはたいへん美味しかった

この後、現地の日帰り風呂に入るという同僚と別れ、単独で自由行動に。
まず、一心に長野電鉄 小布施駅を目指す。

▲12:56 小布施周辺沿線での撮影は微妙そうだったので、
あらかじめ考えておいた接続駅、須坂駅への移動を考え、
小布施駅へ歩いていく

そして、小布施駅で、須坂駅への240円切符を買って、まず、逆方向の湯田中方面行きを撮影。
列車の足下撮りたいから、普段停車しない駅舎手前のホームから迎え撃つ。

▲13:02 うわっ、ぎりぎりだっ

▲13:03 よし、頑張って後追ったぞっ

どうやら、必死に追い切れている模様。
とりあえず、向こうのホームへ行き、長野行きの列車を待つ間いろいろ撮る。

▲13:05 東急グループ〜

▲13:06 「駅構内に4両の車両(ED5002、デハニ201、モハ604及び
モハ1003)が展示されています。 」とのこと。結局、時間の都合上近づくことは出来なかった。

▲13:13 腕木式信号も保存されていた

そして、長野行きに乗って、須坂まで移動。
ローカル感が、心をまったり落ち着かせる。
そして、ひっそりとした須坂駅へと到着。
いっぱい車両が止まっていたので、片っ端から撮っていく。


▲13:24 もう使われないOS10系 クハ61先頭

▲13:25 東急譲渡の8500系

▲車内は東急現役時代とさほど差異は見られなかったと思われる

そして、須坂駅に止まっている車両を編成写真で軒並み撮影。

▲3500系・3600系は、元 東京地下鉄日比谷線の車両

一旦駅を出て、特急車両に乗車すべく、お金をおろしに行く。
特急といっても、追加料金は1回100円、
どこまで行っても特急料金は上がることはない(苦笑)

執筆中、続く。

>ここから19日執筆分

▲13:37 日野旧ロゴが健在の長電バスの停まる、須坂駅前

▲改札口で野菜を売ってる(!)

須坂から小布施まで240円の乗車券と100円の特急券を買ってホームへ向かう。


▲13:44 すっかり曇ってきた


▲かつて使われていた転轍機の並ぶホーム

そして、元小田急ロマンスカー車両のA特急長野行きががやってきた。

▲往年の姿もそのままに
そして、まもなく湯田中温泉行きのA特急がやってきた。
が、しかしその列車は元ロマンスカー車両ではなかった。ビックリ!
調べによると、本来B特急に入る2000系の第4編成(D編成)とのこと。
車内に乗り込み、車内アナウンスを聞くと、「定期検査のため代走に入っている」という
趣旨のアナウンス、なかなか鉄なアナウンスである。


▲転換しないクロスシートだった。シートはかなりヘタレていた(苦笑)
4〜5分ほどの移動時間の間に車内を撮って一段落。
「栗と歴史の都、小布施駅へ到着です」とのサービス精神アナウンスの下、
小布施へ到着し、ダッシュで停車中・発車直前の後ろから編成アングルで撮影。

▲塗装はキレイで美しい

▲レンタサイクルもある小布施駅 お世話になりましたっm(__)m

そして、集合予定場所である北斎館へ向かう。
出発までまだ30分ぐらいの余裕があった、ゆっくり歩いて美しい景色を撮り収める。


PC-98とPC-88のコンパチブル機だった異端機、PC-98DOが何でここに?!(驚)
NEC希代の名CRT、PC-KD854Nとの組み合わせで眠っていました


▲途中、神社を歩いて抜ける。ため息が出るほど美しい景色に呆然と見とれていた

▲これほど紅葉の秋を満喫した秋は久々である

▲池に浮かぶ落ち葉の彩りは、まことに雅で風流である

▲艶やかに、鮮やかに、赤く燃える

おみやげを買って、同僚と合流して、15:00出発。
途中、SA・PAで休憩を繰り返しながら帰路に就く。

▲16:41 諏訪湖SA(上り)、眼前に広がる諏訪湖の眺めは視界一杯の湖


▲18:12 谷村PAに着けば、すっかり暮れている 新東海バスのエルガHDであった
そして、バスは19時過ぎ、三島駅へと到着。
自由時間がいかんせん少なかったが、良い旅だった。

帰りは同僚と一緒に居酒屋で飲んで、家に帰ってブログを書いていたが、
途中で力つきて寝ていた(苦笑)

これにて終了。

<完>




[2008年のレポート一覧へ戻る]

Comments in Forum

コメントする