ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2009/07/05

0907 あてもなく彷徨う - 名古屋-三重-信楽-琵琶湖 超ロング行

ポスト @ 0:18:16 | 旅行,撮影記

[2009年のレポート一覧へ戻る]








出発は早朝3時過ぎだったように思う。
「とにかく西へ」走り始める。
ひたすら100km/h台を維持して、西へ、西へ・・・。

名古屋環状を走ってみたいと思い、
刈谷PAで一旦休憩。
ココは少し判断ミスだった。給油しておけば良かった・・・・。

名古屋環状へ向かい北上する。
上陸を果たすも、2周程度でガソリン量の限界を感じ、一旦名古屋環状を降りる。

初めての名古屋市内走行。
名古屋走りは、思ったよりは穏やかで。
赤から青に変わる瞬間を待つノロノロ出足と、走行スピードの高さが
異境の地に訪れたことを実感させる。

一旦給油し、ガソリンを満タンにする。35リッター位入ったから残り5リットルは残っていた。
前日にエアコンを使いまくっていたので11km/lと燃費は悪かった。

携帯電話の動画撮影を準備して、名古屋環状へと上がる。
ゲームよりはアップダウンが少なくほぼ平坦に感じた。
C1などの首都高の方がよほどアップダウンを大きく感じる。
1周の所要時間は8〜10分ほどであろう。
常に右回りの道路で、逆回りは存在しない。
10周ぐらいは走り込んでいたように思う。

名古屋環状を降りて、若干眠く、暑く、空腹を覚え疲れていた。
判断力も鈍っていた。
途中、コメダ珈琲店の看板を発見。
せっかく名古屋に来たのだからモーニングサービスは満喫してみたい。
通り過ぎた道をUターンして、コメダ珈琲店瑞穂運動場店へ到着。
380円のアイスコーヒーを頼むだけでトーストとゆで卵がついてくるのはイイと思う。
すっかり気力回復。

名鉄築港線を撮ろうと思うが、
1日に1〜2往復ぐらいしかしていない模様。断念。

そして国道23号線に乗り、あおなみ線を撮ろうとするが、
ふと見つけた三河ナンバーのBeexを追いかけるのに夢中になってしまい、
気がつけば木曽川を渡っていた(笑) オーラで分かった、デカイ川は木曽川だと感じた。
そして、三岐鉄道を撮るために桑名市へ上陸。Na2を思い出す。

狭い道を走り回って、迷ったあげく、北勢線を馬道駅で撮影。

悪くないできだったように思う。

続いて、南下して三岐線を撮影しに行く。四日市JCTの下を通り抜けて大矢知付近へ。
ここから、西へ向かい撮影地を探す途中、目の前の踏切を貨物列車が走り抜けていった。

必死こいて追いかける。前の車が地元車だったおかげで、

あまり見栄えはしないが、記録に遺すことは出来た。

そして、貨物列車が一旦停止してくれたであろう、保々駅で撮影に興じる。

ここも西武鉄道の譲渡車両が頑張っているようだ。


夏を感じることができた。
独りだからこそ感じることのできる、体一杯に感じる「夏」。

昼食を取るために、彷徨うようにして南下。
三重の町中で、Tシャツを仕入れたり、トンテキ食べたり。

どうやらここで食べたようである。

信楽高原鉄道を撮って、近江鉄道など撮りながら、琵琶湖に向かうことができたらと考え、
四日市インターから高速に乗って信楽インターへと向かう。時間は15時を過ぎていた。



そして、紫香楽宮跡駅でまあまあな絵を撮って・・・・・
貴生川駅で近江鉄道の様子を見て・・・・

水口城南駅近くで、何とか撮影に成功する。
近くにExpressガソリンスタンドがあって満タン給油もできた。

そして、琵琶湖の景色を拝むために国道一号線をひたすら北東上する。
途中、野洲駅で、伊豆箱根タクシーと同じ色の近江タクシーを眺めて、

223系とか適当に撮って、少し迷って、湖岸道路23号線を延々と彦根まで走って・・・。


彦根城の駐車場が500円だったので、車窓を拝むだけにして・・・・。

この旅、最後の給油を行い、彦根インターから帰りの高速入り。

関ヶ原を超え、一宮JCTで渋滞に巻き込まれ・・・・
ふたたび豊田JCTで渋滞に巻き込まれ・・・・80キロ台巡航を続けて・・・・
途中休憩もとらず、ぶっ続けて沼津インターまで走り抜ければ時間は22時過ぎ。

やっぱり疲れた・・・・もっと早く出発できれば、時間に余裕はあったと思う。
1日ではやはりこの名古屋近辺は撮りきることはできない。
機会さえあれば、今一度訪れてみたいとは思う。

独り彷徨う、甘く切ない記憶は、また一つ貴重な思い出として刻まれた。
[完]








[2009年のレポート一覧へ戻る]

Comments in Forum

6 Comments