ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2010/06/20

ダブルヘッダーの果てに - 御殿場高原ビール2連戦

ポスト @ 23:10:36 | 日記

BGM:Transmission Channels - Skyrize有名モチーフ 原曲 Vocal
YUUです。

この日もこりずに、御殿場高原ビール、行ってきました。

ツイッターで「よし、往くぞ」と、意気を上げるも、
出発は18:05三島駅北口発のシャトルバスだった。


▲ロータリーには、「クレマチスの丘」塗色のエルガミオが停まっていた
(御殿場高原ビールのシャトルバスではありません)

バスに揺られ、約50分、御殿場高原ビールへ到着、
やはり三島より2〜3度涼しい。

▲18:54 ちょうど、グランテーブル前の噴水のオブジェに光が点り始めた。

日曜日の夜と言うことで、空いているだろうと高をくくったのが甘かった。
店内は未だ満席で、「約60分待ち」とのこと。ここまで来て、
引き返すように帰るつもりはなかったので、当然待つことにする。

暇をつぶそうと、時之栖の中を歩くと、既にイルミネーションが始まっていた。

▲19:06  斜めアングル。

イルミネーションと共に、来店客の願い事が飾られた、七夕イルミネーション。
これが「時之栖銀河祭り」の始まりであろう。


▲19:15 渡された遠隔呼び出しベルはまだ鳴らない・・・・おなか減ったなあ。

▲19:20 ISO100 F22 15sec

待ちに待って、19時50分前、ようやく入店できた。
どうやら父の日キャンペーンで、1000円飲み放題をやっているので混んでいる模様。

そして、いつもの「儀式」。

今回は、6/18に新たに製造され発売された「Cask-Aged ビール」が加わった。
この特殊なビールについては 6/19分(未執筆) を見てもらいたい。
飲み始めて2日目だが、やはり味が複雑で、簡単に飲み干せない貴重さがある。

この日は時間がなかったので(20:30ラストオーダー 21:00クローズ)
厳選して、2品頼んだ。

▲フェアメニュー「イタリア産プロシュートとルッコラのサラダ」
美味い。ヤバイ。量が少なく見えるが、案外そうでもない。
じっくり噛みしめて、生ハムの肉のうまみを味わい、そしてビールを飲み干す。
至高の一時である。


▲レギュラーメニュー「シラスのピッツァ」
メインとして頼んだ。フェアメニューのメイン級は、
3000円以上する3〜4人前のパエリアを除いて、
ほぼコンプリートしてしまったためパスタと迷ったが、こっちにした。
シラスの塩っぽさと、ニンニクと、チーズが絶妙のバランス。ウマイ!

あっという間に時間は過ぎ、もう店から追い出されるかな、と思いきや・・・・

▲21:04 21時過ぎても、まだこれだけいますか(笑)

帰りのバスは21:28発だったので、一足先に店を出ることにする。

また来週ッ!!

ふと、見えたのはバスケのハーフコート。
待ち時間、あれで遊べれば暇つぶしになるなあと思っていたが
昼とかは人出があって、団体客とか、学生の人とか、親子とかが
バスケットボールをやっている中に混じるのも・・・・(´∀`;)
と思っていて、いつもはできなかったバスケの遊び。

酔った勢いと、軽くだるさを覚えた体をフル動員して・・・・・

だれもいない、周りのホテルの光だけが照らすバスケコートで
ドリブルして、シュートして、入ったり外したり、
独りバスケに興じた。

なんだか、普段のよけいな悩み事や、気になっていることを考える必要がないほど
数分だけ、集中してただ、ドリブルして走って、ゴールへ走り込んで、シュートを放つ。

あっ、外れた・・・よーし、今度はフリースローラインから・・・・・・

カシュッ

入った!
久々に体を動かして、楽しかった。

そして、そのまま、最終シャトルバスの待つ乗り場へ走っていき・・・・・・・・

▲21:25

マイクロバスは自分を入れて乗客3人。
60〜70代のおじちゃんと、若い外人客が、
その場で知り合ったのだろうか仲良く話し込んでいた。

自分は、その前の席に座っていて、
話しに加わることはなかったが、静かに、
そのほほえましいやりとりを聞きながら体を休めていた。

バスは乗客の行き先に、岩波駅と裾野駅が含まれないことを
あらかじめ確認した上で、裏道を疾走していき、
22時前には三島駅に到着。一本早い列車に乗って自宅へ帰ることができた。

こうして、7月一杯まで、御殿場高原ビールの日々は続いていくのである。

<完>

Comments in Forum

コメントする