ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2010/06/19

耐久戦・籠城戦・消耗戦 - 御殿場高原ビールの死闘

ポスト @ 23:23:23 | 日記

BGM:エアクルウ - SUPER BELL''Z
機長DJ全開
YUUです。

この日は、14:05発の無料シャトルバスに乗って
御殿場高原ビールへ14:45到着。

▲14:48 あじさい市が始まっていた


撮影も程々に、グランテーブルへ入店。ハラヘッタ・・・・。

入店して、さっそくピルスを頼んで、いつもの「儀式」。
さて、今日はどんな飲みになるのか・・・・・。


そして、店内には、昨日(6/18)に仕込み完成した
「Cask-aged(カスク・エージド) ビール」が。
これについては後述したいと思う。


▲今日の出だしはフェアメニュー
「ロメインレタスと自家製ベーコンの シーザースサラダ ハーブトースト添え」

そして、Cask-agedビールを頼む。
6/18に、御殿場高原ビール15周年記念パーティーが
招待制で開催された。(自分は仕事で行けなかった・・・・)
その時にデビューしたビール。
店内パンフの一部を加工引用したいと思う。


▲クリックすると拡大

木樽熟成ビール、Cask-aged beer。
木樽はウィスキーの熟成でも知られるホワイトオークの新樽を使用、
木樽の中では、お酒と木の香りや色がゆっくりと混じり合い、熟成が進んでいきます。

木樽は現在のステンレス樽と違い完全な密閉はできません。
そのため、自然発生した炭酸ガスはきわめて弱く、
初めて口にされる方は従来のビールとの違いに驚かれると思います。
また、提供するビールの温度も、味や香りを引き立たせるため、
意義留守のパブと同じく8〜10度ぐらいにしております。

早速頼んでみた。

わずかに濁った、普段のビールよりは、ほの暖かいビール。

少量、口に含むようにして飲んでみる。

・・・・・・・。甘くて、苦くて、そして香ばしい!
あまり冷たくないおかげで、複雑なうまみを感じられる。
世界にはこんなビールもあるのか・・・・・・・。
感嘆を禁じ得なかった。

このビールは、また次の日も飲むことになる。


▲16:39 グランテーブルの現在のピザメニュー。
マルゲリータ、メディテッラーノ、ミラノサラミとブラウンマッシュのピカンテ
「おまかせピザ - chef Consiglia」のクアトロ・フォルマッジョ。

ゆったり、食べて、飲む。
時間は、18時を過ぎて、
これから帰っても、連れに迎えにきてもらっても
すれ違い状態になるということで、待つことにした。


▲18:46 日は暮れていく。

▲18:47 あー、早く来ないかしら?

ようやく連れが到着。
自分の第2ラウンドが始まった。

▲19:07 空が暗くなり始めた。


▲19:08 フェアメニュー「小海老とルッコラのリコッタトマトソース」
海老がプリプリしていて美味い。またビールに手が(ry


▲19:09 レギュラーメニュー「蛸の唐揚げ」
また、ビールが(ry

まさに持久戦、籠城戦、消耗戦。やりすぎ。
この日、ビアパスポートにて9杯飲んだ・・・・・(´∀`;)

1・ピルス 2・ヴァイツェン(レモン入り) 3・シュバルツ
4・ピルス 5・シュバルツ 6・ヴァイツェン(レモン入り)
7・シュバルツ 8:ピルス 9・ヴァイツェン(レモン入り)

ヴァイツェンボックと、今回限定のヘレスボックは口に合わず、飲まずじまいに終わった。
どうもボック系の香りが合わないようである。
ただ、こう、何というか、同じモノは続けて飲まず、よくここまでつなげたと思う。

二日酔いは、自分の場合、体の部分に痛みが残る。
帰る最中も、帰ってからも、水分をとり続けるようにした。

おかげで明日は・・・・・・・・・?(笑)

<完> 次の日へ続く

Comments in Forum

コメントする