ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2010/07/19

快走のB - 彷徨えば長野まで

ポスト @ 23:23:23 | 撮影記,旅行,日記

BGM:Phantom Ensemble -Ark Trance mix- ver1.0
廻れ 舞われ 回れ 輪廻の永久の輪舞へ
YUUです。

首都高走を終え、仮眠を始めて起きれば朝9時近く。
暑さで目が覚める。うーん、コレは水分をとっておかねば。

駒形を出て、少々迷って友達の親戚宅へ到着。
少し休憩を取り、今回は一路、西へ向かうことにした。

練馬を経由し、途中、給油して関越道に乗る。
新潟へ行く時以外に、関越自動車道に練馬から乗るのは初めてかもしれない。
そして、これまでのスタートダッシュの遅れを回復するようにして上里SAへ到着。

▲12:15 なんだか既視感。上里SA。
よく見たら2006年の時とあまり変わらない感じ。

さて、今回、クルマは藤岡JCTより上信越自動車道に入り、
長野方面へクルマは向かう。友人のコロプラも順調に埋まってきているようだ。

上信越道を松井田妙義ICで降りる。
去年の逆ルートをたどることとなる。
横川駅近くにある、峠の釜めし本舗「おぎのや」ドライブイン横川店
峠の釜めしを購入、2Fの食事スペースで食す。

久しぶりに、無性に食べたくなった。買えて嬉しい。

峠の釜めしは、甘い栗といい、味の深いシイタケ、うずら玉子、口直しの杏(アンズ)といい
飽きの来ない、懐かしい味である。
一度だけ、幼少の頃165系普通で、碓氷峠越えを経験している。

さて、再び出発しよう。

今は代行バスが走る横川〜軽井沢間。
時間の都合上、碓氷鉄道文化村も横目に過ぎ、
代行バスのルートからも外れ、そう、碓氷の旧道を攻めるようにして走る。

そしてどうしても撮りたくなり、車を停めた眼鏡橋。


美しい。先人の知恵は偉大である。

峠道を越え、急激に開けた軽井沢。
駅前の駐車場は1時間以内無料と、懐に優しい。
軽井沢でトイレ休憩など取って、吹く風の涼しさに、
友人と通り過ぎる新幹線を眺めてから、再び車を走らせる。

途中、混雑に巻き込まれたりしながらも、延々と国道18号線をひた走り、
東御市(とうみし)のセブンイレブンで休憩。

美しい夏が垣間見えた。
そして、うとうとしかけながらもようやく長野市へ上陸。
17時近くなっていた。

せっかくだから、長野市街を散策してみる。
クルマを長野駅地下駐車場へ停め、 

特急料金100円、安い。次の特急停車駅、権堂駅までチョイ乗り。
展望席も追加料金なしで座れる。早い者勝ちである。
先頭に座っていた女子高校生二人が、前面展望に「マジヤバーイ」と
感激していたのが印象的だった。若いっていいねえ。


こんなところで、この車両に乗れるとは思わなかった。
また小田急電鉄でも、この系統の車両の展望席に乗れるウチに乗っておきたい。


日の傾き始める中、友人と一緒にせっかくなので、善光寺まで歩いていく。


善光寺まで近づくと、友人のお目当ての店が。
唐辛子専門店「根元 八幡屋磯五郎」。
人気店のようである。多彩な商品展開も魅力。
友人はここでいくつか買い物をして、その後一緒に善光寺へと歩いていく。


ついに「仁王門」が見えた。でかいなあ・・・・・。両端には仁王像が奉られている。


善光寺周辺は、お寺の中も、外の街並みも
一般商店も瓦葺きのデザイン。
瓦葺きのデザインが統一されており、整然としていたのが印象的だった。


「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天」の六道という世界を救済する
という六地蔵。「地獄」の像は、そこから救い出そうという意味が
唯一踏み出されている足に見て取れる。

そして、1750年に建立されたという山門に相見える。

感嘆すること、しきりである。

そして、本堂へとたどり着いた。
これ以上は撮影禁止ということで、撮影は割愛。
お参りしてきた。

駅へはバスを使って戻る。
ワンコイン。100円で戻ることができた。

暮れ始める長野駅。北側となる「善光寺口」である。

さて、18時が過ぎてしまった。帰路に就かなくてはならない。
GPSで見つけたスーパー銭湯「まめじま湯ったり苑」でお風呂に入り、汗を流す。
そして、駐車場を共有しているお隣のステーキハウス「バルデバル」で夕食。

食べ放題・飲み放題のサラダバー。

チキンステーキを食して、店を出れば20時過ぎ。

長野五輪道路を通り、途中ガソリンスタンドで満タン給油し、
長野ICから、長い長い道のりが始まる。
友人を、友人の友人宅(なんのこっちゃ)、府中付近まで送り届ける。
時間は0時過ぎていただろうか。

そこからの帰りは、府中街道を経由して南下し、
東名川崎インターから東名高速で帰った。
途中、眠くなり足柄SAで仮眠。帰りは朝4時を過ぎていたと思う。

とても疲れた・・・・。
だが、本当に楽しかった。
こうして、「夏」が一つ思い出に刻まれていく。

<完>

Comments in Forum

コメントする