ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2010/09/18

1009 東北旅行 第2日目 -「走る」ということ-

ポスト @ 23:23:23 | 旅行,撮影記



朝の目覚めとともに、本格的な東北旅行が幕を開けた。





車中仮眠からの覚醒は、若干の疲れを覚えるものの
そこが旅路であるのなら、爽快な瞬間である。


目覚めれば時間は7時半すぎ。
2時間程度仮眠できただろうか。
顔を洗い、コンタクトレンズをつける。
身支度を整え、愛車を暖機させ、東北道へと戻る。

既に、仙台には近づいており、程なくして・・・

仙台宮城ICから、ついに仙台入りした。
8時15分過ぎ、仙台駅の駐車場にクルマを入れて、
撮影を開始する。

▲久々に701系を見た。数年ぶりである

▲ああ、ついにここまでたどり着いたのか・・・。

そして、第一の狙い、快速ふかひれこがね号の撮影をする。

▲9:09 ここでは縦打ちが精一杯だった
年内には引退とのこと。これは後ほど、予期せぬ場所で撮れることとなる。

▲そして、第二の狙い、みのり号を撮影。

▲9:23 窓デカッ

他にも、たくさん撮影したが、割愛する。
9時半過ぎに仙台駅を出て、長町駅で撮影してみることにする。

▲なるほど、これだけタクシーがたくさんいれば、規制もされるわな・・・・。

駅前の駐車場を出るため、精算すると800円という表示。
ちょっと、選択を誤ったかな・・・・高いな(苦笑) 駅前だから仕方ない。
長町駅への道は、慣れない道に戸惑い、若干迷って10時15分頃到着。

▲開発中の開けた土地の中の駅だった。

長町駅には先客が一人。なかなか気さくな方で話しやすい。
東京から新幹線で来て、仙台周辺を旅行とのこと。
一緒にまったり撮影。

▲10:24 逆光が残念だが、きれいに撮れる場所である

▲空港仕様の片方が撮れた
そして、運良く貨物が撮れた。
貨物のダイヤについては今回全く調べていない。

▲10:44 EF75 113が撮れた。

そして、途中からホーム端にやってきた地元の撮り鉄さんのおかげで・・・

金太郎の上り貨物が撮れた。感謝して長町駅から出る。

さて、この日は盛岡のホテルまでたどり着かなくてはならない。
東北本線沿いでは、車両の写真が集まらないので、
太平洋沿岸沿いに向けて車を走らせる。

途中、日本三景である松島へと車を停める。

▲この連休で、人がごった返していた

▲ああ、松島や

駐車料金は思いの外安かった。30分停めて200円だった。
さて、既に12時を過ぎている。まだ松島か・・・・・押せ押せスケジュールである。

そういえば、仙石線を撮っていない・・・。

陸前小野駅で、列車の時間を確認して・・・・

撮影地を探して、走り回ること数分。
よし、ここで狙ってみよう。

▲13:13 鹿妻−陸前小野間で撮影。 即興にしてはまずまずであった。

日が出てもなお、涼しい風の吹く中を、
エアコン無しで窓を開けて、北へ向かって走り抜けていく。
爽快である。

そして、目標経由地である、石巻へと13時半すぎに到着した。
クルマを駅近くの駐車場に停めると、さっそく石巻止まりの列車がやってきた。

▲13:48 よしっ、これで仙石線の205系はOK。

▲空は青く、車体の帯色のように映えていた。

石巻駅へ入場すると、気動車がやってきた。
久々の気動車撮影に、ワクワクしてシャッターを切る。

▲13:56 まあ、陰ってますけどね(苦笑)

▲排気の熱で空気が揺らぐ

石巻は、名漫画家、石ノ森章太郎のゆかりの町である。
「石ノ森萬画館」が、ここ石巻にあるが、この日は行く余裕はなかった。
時間があれば、改めて行ってみたいものである。

ここで、デパート系軽食店にて、「盛岡冷麺」を食す。

▲14:25 値段相応に量は多く、満足した。リンゴがアクセント。
そして、クルマへ戻って、再出発しようとした時・・・・・


▲マンガッタンライナー、キター(゜∀゜)

一気にテンションが上がった。

さて、北上しよう。
石巻のExpressでガソリン満タン補給。
ここまでの走行距離は43,502km。
スタートが42,933kmだから・・・・
43,502 - 42,933 = 569km。おお・・・結構走ったなあ・・・オイル交換しておいて良かった。

さて、石巻からは三陸自動車道・桃生登米道路を使って行く。無料供用区間である。
途中の桃生津山ICで降りて、R45を延々と、気仙沼線に沿って走っていく。



こんな感じ。
列車の接近時刻を敏感に察知し、
陸前戸倉−陸前横山間で撮影を試みるも失敗。
蔵内を過ぎた辺りで、既に時間は16時を過ぎていた。

しかし、陸前小泉付近で風景絵が撮れた。


▲自分的には会心の一作。満足というわけではないけれども。

当初の予定から進行は相当遅れ、
とうとう、ふかひれこがね号の返しが撮れる時間となってしまった(苦笑)
時刻表を読み、途中、即興で見つけた撮影地にて列車を待つ間、
浜に出てみれば・・・・・・。



ここは大谷海岸。
美しい。思わず涙が出るくらい感動した。
一生忘れない景色を記憶に刻み込む。

そして、大谷海岸駅を出発した「ふかひれこがね号」がやってきた。


編成絵を収めることができ、一安心した。
そして、さらに車を走らせること30分ほどして、
目標経由地、気仙沼駅へ到着。

ここで、無難な形でキハ40・48を撮ることができた。

▲17:27

▲17:35 せっかくだからキハ110も撮っておこう

▲17:39 走り出していく 1/8sec

日が落ちていく。ここで一旦撮影は終了し、
延々と車を走らせる時間の始まり。
R45を走り続け、道の駅さんりくに着けば時間は19時。
ホテルのチェックイン予定は21時半。盛岡までは・・・・・約180km。
60km/hキープして・・・・・・3時間かかるのかぁっ_| ̄|○
まあ・・・30分遅れぐらいか・・・・

「走ること」は・・・・・大変である。
未開の地であるから、まだワクワクはするが、
コレが毎日の通勤などであったら・・・・・・・
気が滅入るだろうなあ・・・・(´∀`;)

東北は広い。

さて、気を取り直して・・・・先を急ぐ。
30分ほど走って、釜石駅へ到着。辺りは製鉄所だらけだ。

せっかくだからリアス線を撮る。

▲19:38 漆黒の闇の中、出発を待つ

▲頑張って流した 1/40sec

▲19:49 よしっ、ささっと行こう!(釜石駅駐車場)
30分以内無料だった。

さて、雨が降ってきた。
宮古を目指す途中、キハ110と併走しながらの走行。
前後にクルマもなく、スピードを調整しながらの併走。
やがて線路は分かれ、三陸縦貫道へクルマは入る。

もう本当に時間がない。
睡眠時間すら削られそうだ。
「今」を頑張りすぎて、その後が失われる結果は勘弁したい。
ホテルにチェックインが遅れる旨の連絡を入れ、運転に集中する。

やむなく、宮古駅への上陸を断念し、三陸縦貫道を利用して
宮古駅を右手に過ぎて、国道106号線へ入る。

降りしきる雨の中、線形は思いの外良く、速度を維持しての走行。
1時間半ぐらい、ひたすら、雨とトンネルの連続する中
東北の本州の、東の海辺から真ん中の盛岡まで、約80kmの距離を走っていった。

盛岡に着いた時には、雨は止んでいた。
ホテルに入ったのは22時半過ぎ。予定を1時間遅れてのチェックインとなった。
部屋に荷物を入れ、カメラと地図の入ったバッグを持って、
夕食足る居酒屋を探す。

駅前周辺を歩くも、飲み屋は少ない。
ホテルへ向かう途中、繁華街があったが駅前からは結構離れていた。
タクシーを使って移動することになるのもシャクだし、
疲れていたので、ホテル近くの養老の瀧 盛岡駅前店で食事することにした。
夜遅くの来店で、週末だが、お客様は誰もいなかった。
人混みの喧噪の中、ひっそり飲むのも良いが、静かに飲めるのも悪くはない。


▲23:00 さあ、飲もう。今日は良く走ったと思う。
これで、スタートから約800kmほど走ったことになる。
肴はお通しの塩キャベツに、サンマの刺身。

▲そして小アジ唐揚げ。完璧です

すっかり満足して家を出たが、
ほろ酔いで、コンビニへ寄って追加のお酒とおつまみを買う。


▲0:15 そう、地元系CMや番組を見ながら、お酒を飲むのも悪くないのだ。

この日、結局1時ぐらいに眠りに就いた。
さあ、まだ旅は続く。

続く

Comments in Forum

6 Comments