ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

カテゴリー : 撮影記,旅行

このカテゴリーの登録数:37件 表示 : 19 - 21 / 37

2009/12/12

N16 - 第16回新潟旅行 2日目- 「狙い撃ち」集中撮影

ポスト @ 23:00:00 | 撮影記,旅行

[2009年のレポート一覧へ戻る]









第16回新潟旅行 2日目 09/12/12(土)
さて、今回のN16の急遽実施の原因となったこの日の撮影はうまくいくのだろうか?

撮影地に到着して午前3時前に寝始め、

朝7時半頃起き、撮り始める。外は思ったよりも寒くはない。

貨物が連続してやってくる。

そして、一つ目の狙い、NO.DO.KAがやってきた。

▲暗い雨の中、ISO800へ上げた上で撮影

▲きたぐに もバッチリ撮れた

▲115系 旧新潟色もしっかり撮っておこう

▲現 新潟色もNE!

そして、一旦「いつもの」撮影地から引き上げて、車を一転、北東へと走らせる。
走り慣れない道路を、携帯電話のGPS地図を駆使して走ること約30分、
窓口のおもしろいおっちゃんから入場券を買い求め、

水原駅にて、昔々の「リバイバルつばめ」以来、
なかなか撮影機会の無かった、583系を撮った。

この後、水原駅出発直後の走行を撮ろうとしたが、
出発時間を5分遅く間違えるミスをし、既に過ぎ去ってしまった
583系に苦笑したのは何とも言えない気持ちで、
「ま、撮れたからいいっか(苦笑)」と、更に車を北東へと走らせていく。
東の彼方、雲の向こうの青々とした山々に感嘆しつつ、
平野の田舎道をまっすぐに走り抜けて行く。

やがて、白新線界隈である西新発田駅へ到着し、


キハ58系+キハ52形の撮影に成功。

引き続き、列車を待ち続け、
ポイントの向きを見ておかなかったために、
駅進入時狙いでは、手前に入られるミスをやってしまったが、

きらきらうえつを撮影。4分間停車が功を奏する。
要は対向列車の待ち合わせということだった。下調べ不足(苦笑)

そして、再び「いつもの」撮影地へと戻る。
来た時と別の国道を使って、ゆっくりと走る。時間は早めに見ておいた。

今回の発端の一つとなった、リバイバルの特急ときを撮るために。
新津で長時間停車することも考えに入れて、早め早めに移動していく。

再び戻った撮影地には、やがて同業者が歩いてきた。
クルマできたという、村上の方だった。彼はもう一本北側の踏切で撮影するとのこと。
互いに情報を交換して、それぞれの撮影場所へと陣取る。


▲早朝は酷い雨であったが、この時は雨が上がっていた

そして、12時半すぎ、ついに特急ときが現れた。
新潟到着時間から逆算するには、
この区間のダイヤ的には、ほぼ直行の読みであった。

無事撮影完了。前後とも絵入りのヘッドマークだった。

そして「いつもの」撮影地を離れて、
新津市内の地元系回転寿司屋で食事。
1000円10貫のランチだったが、
アラ汁(要は、調理した残りの鮭とかエビとかの殻のだしのみそ汁)が暖かく、
ウニがとても美味く、大満足だった。


そして、今度は磐越西線、五泉駅へと車を走らせる。


再び降り出した雨の中、お座敷気動車、「ふるさと」を撮影。

車内は、宴会のカラオケで盛り上がっていた。
酔いが入っているのか、カメラを携えていた自分に
窓を開けてピースしてくる団体客がいた(笑)

対向列車の交換が過ぎ、発車していった。
これにて、今回の鉄道撮影はほとんど終えてしまった。
撮り逃したり、上手く撮れないモノがあった時、
13日にも走る列車であれば、次の日も狙うつもりだったが、
ほぼ全て撮り尽くした。夏休みの宿題を早めに終えてしまった、微妙な開放感だった(苦笑)
明日からは、ラクできるな、と。

そこで、チェックインまでの余った時間を使って、
水原へ行き、この時期、白鳥が飛来する瓢湖(ひょうこ)へ行く。

幼少に、生まれて8年間、新潟に住んでいた頃、
一回だけ、親に連れられて行った記憶があった。
その時以来の来訪。


▲あう、カモと白鳥だらけ・・・・鳴き声がけたたましいッス!思わずフイタ

▲うあ〜

▲湖に降り立つですよ
(この絵のみ元絵の半分のサイズで切り取り)

▲白鳥だけと思ってましたが、実はカモがほとんどなんですね
あ、もちろん白鳥の飛来地として有名です、
ピーク時には一週間5,000羽〜6,000羽飛来するそうです

じっと見ているだけでも楽しかった。
今度は彼女も一緒に連れて行きたい。

そして、新潟市街へと戻り。

時の止まった沼垂駅を記録に遺す。
今や朽ちる鉄路の住人(すみびと)は機関車や貨車ではなく、野良猫たちなのだろう・・・・。

▲ISO200 F5.6 15sec 50mm(1.6x 80mm)

そして、ホテルへとチェックイン。

▲新潟交通の標準色は、真っ赤な屋根

支度も早々に新潟駅へ。


▲NO.DO.KAはこれが精一杯だった 朝に撮っておいて良かった!


▲新潟では、編成のスローシャッターは、足下まで絵を得るのは厳しすぎた
行き交う列車が多く、手前のホームに列車がいない状態というのはなかなか巡り会えなかった。

▲そして、きらきらうえつの光跡を撮るのであった

これにてこの日の鉄道撮影は完了!
毎回楽しみである、新潟のベースキャンプ足る居酒屋、「山小屋」へと急ぐ。
前日中央道で買ったおみやげを渡して、店内は忙しいようで、
ゆっくり、じっくりと19時半過ぎから飲み始める。

▲現在は沼垂の山小屋は、先代マスターの逝去により2008年末閉店。
息子さんが駅前の山小屋にて営業中。

今回、以前にハガキで追悼の集まりの通知を頂いていた(参加はできなかったが)
過日、有志により出版された、先代マスターの追悼画集+文集「山に憧れ 山にいだかれ」を頂いた。
我が人生の師の遺した記録、ぜひとも家宝とさせていただこう。

酒の杯、傾けながら、彼の実直で暖かく、大きな大きな彼の生き様を改めて見せられ、
魅せられ、幾度と無く、自分はこれまでのNの中で、欠かさず足を運んでいた。

あの狭かった、それでいて心地よかった、あの沼垂の山小屋へと。

涙が溢れた。
胸がいっぱいで、気持ちが、言葉や表せる形にならない。
ただ、涙を零した。


▲天国でも、やまァ登って、笑って、僕らを見下ろしてくださいよ、マスター。

ビールジョッキ2杯飲んで、日本酒2合ぐらい呑んだけど、
不思議と気持ちは落ち着いていて、
マスターの奥さんや息子さんへ、お店のみなさんへ、ただ、ただ感謝。
明日、墓参させていただくことを伝え、
23時半過ぎ、駅前の山小屋を出て、歩いて1分以内のホテルへ戻る。

部屋に入り、コンタクト外して、下着以外は脱いでしまうと、
力つきて、ベットの中に潜り込んでいた。

ありがとう、マスター。




[1日目へ戻る]
[3日目へ進む]
[2009年のレポート一覧へ戻る]

2008/11/18

0811 小布施 長野電鉄撮影行 the 研修旅行

ポスト @ 22:20:28 | 撮影記,旅行,日記

[2008年のレポート一覧へ戻る]




酔ってます酔ってます(08/11/18 夜現在)
YUUです。
旅行帰りに同僚と飲んで帰ってきたので酔ってますが、勢いに乗って執筆です。

この日は、自治体の研修旅行に、勤務している会社として出席し、
同僚と二人で行ってきました。

行き先は、長野県にある、上高井郡小布施町
秋は、栗を名物にした食べ物が売り物になるという古い街並みを残した町です。
事前に参加することが分かり、また、到着先での観光がフリー行程となるため、
長野電鉄をなんとしても撮り収めると息巻いて参加しました。
しかし、滞在時間3時間、自由時間は2時間近く。さて、自分はどうやって長野電鉄を撮るのか?
その記録です。

同僚と待ち合わせて、7時15分、某駅近くにて集合して出発。

▲8:57 中央道・谷村PA

▲10:48 長野道・梓川SA
長旅にて、12時過ぎに、長野県上高井郡小布施町に到着。

▲12:21 北斎館に到着 若干肌寒い

▲12:36 竹風堂で昼食。栗おこわはたいへん美味しかった

この後、現地の日帰り風呂に入るという同僚と別れ、単独で自由行動に。
まず、一心に長野電鉄 小布施駅を目指す。

▲12:56 小布施周辺沿線での撮影は微妙そうだったので、
あらかじめ考えておいた接続駅、須坂駅への移動を考え、
小布施駅へ歩いていく

そして、小布施駅で、須坂駅への240円切符を買って、まず、逆方向の湯田中方面行きを撮影。
列車の足下撮りたいから、普段停車しない駅舎手前のホームから迎え撃つ。

▲13:02 うわっ、ぎりぎりだっ

▲13:03 よし、頑張って後追ったぞっ

どうやら、必死に追い切れている模様。
とりあえず、向こうのホームへ行き、長野行きの列車を待つ間いろいろ撮る。

▲13:05 東急グループ〜

▲13:06 「駅構内に4両の車両(ED5002、デハニ201、モハ604及び
モハ1003)が展示されています。 」とのこと。結局、時間の都合上近づくことは出来なかった。

▲13:13 腕木式信号も保存されていた

そして、長野行きに乗って、須坂まで移動。
ローカル感が、心をまったり落ち着かせる。
そして、ひっそりとした須坂駅へと到着。
いっぱい車両が止まっていたので、片っ端から撮っていく。


▲13:24 もう使われないOS10系 クハ61先頭

▲13:25 東急譲渡の8500系

▲車内は東急現役時代とさほど差異は見られなかったと思われる

そして、須坂駅に止まっている車両を編成写真で軒並み撮影。

▲3500系・3600系は、元 東京地下鉄日比谷線の車両

一旦駅を出て、特急車両に乗車すべく、お金をおろしに行く。
特急といっても、追加料金は1回100円、
どこまで行っても特急料金は上がることはない(苦笑)

執筆中、続く。

>ここから19日執筆分

▲13:37 日野旧ロゴが健在の長電バスの停まる、須坂駅前

▲改札口で野菜を売ってる(!)

須坂から小布施まで240円の乗車券と100円の特急券を買ってホームへ向かう。


▲13:44 すっかり曇ってきた


▲かつて使われていた転轍機の並ぶホーム

そして、元小田急ロマンスカー車両のA特急長野行きががやってきた。

▲往年の姿もそのままに
そして、まもなく湯田中温泉行きのA特急がやってきた。
が、しかしその列車は元ロマンスカー車両ではなかった。ビックリ!
調べによると、本来B特急に入る2000系の第4編成(D編成)とのこと。
車内に乗り込み、車内アナウンスを聞くと、「定期検査のため代走に入っている」という
趣旨のアナウンス、なかなか鉄なアナウンスである。


▲転換しないクロスシートだった。シートはかなりヘタレていた(苦笑)
4〜5分ほどの移動時間の間に車内を撮って一段落。
「栗と歴史の都、小布施駅へ到着です」とのサービス精神アナウンスの下、
小布施へ到着し、ダッシュで停車中・発車直前の後ろから編成アングルで撮影。

▲塗装はキレイで美しい

▲レンタサイクルもある小布施駅 お世話になりましたっm(__)m

そして、集合予定場所である北斎館へ向かう。
出発までまだ30分ぐらいの余裕があった、ゆっくり歩いて美しい景色を撮り収める。


PC-98とPC-88のコンパチブル機だった異端機、PC-98DOが何でここに?!(驚)
NEC希代の名CRT、PC-KD854Nとの組み合わせで眠っていました


▲途中、神社を歩いて抜ける。ため息が出るほど美しい景色に呆然と見とれていた

▲これほど紅葉の秋を満喫した秋は久々である

▲池に浮かぶ落ち葉の彩りは、まことに雅で風流である

▲艶やかに、鮮やかに、赤く燃える

おみやげを買って、同僚と合流して、15:00出発。
途中、SA・PAで休憩を繰り返しながら帰路に就く。

▲16:41 諏訪湖SA(上り)、眼前に広がる諏訪湖の眺めは視界一杯の湖


▲18:12 谷村PAに着けば、すっかり暮れている 新東海バスのエルガHDであった
そして、バスは19時過ぎ、三島駅へと到着。
自由時間がいかんせん少なかったが、良い旅だった。

帰りは同僚と一緒に居酒屋で飲んで、家に帰ってブログを書いていたが、
途中で力つきて寝ていた(苦笑)

これにて終了。

<完>




[2008年のレポート一覧へ戻る]

2008/09/14

奔走 - E655系わやくちゃ わたらせ渓谷トロッコ 首都高走 0809 Grand Travel in North Kanto

ポスト @ 23:43:23 | 撮影記,旅行

[2008年のレポート一覧へ戻る]




YUUです。
この日は、E655系の追っかけと、上毛電鉄が少し、
そして、わたらせ渓谷鐵道の初撮影でした。そして最後は首都高走。

ホテルで起きたのは8時30分頃。
E655系を撮りに行くには微妙な時間。
だがホテルをチェックアウトして、出撃することにした。
結局、渋川付近では撮れず、追いつかれるということで
急きょ八木原駅付近の踏切にて撮影。

▲微妙_| ̄|○ ウアッ
この後、渋川市街を通らず、山道を横切って吾妻線方面へ。
榛名富士を眺めている余裕はなかったようである(苦笑)
祖母島(うばしま)駅にて撮影。
良いポイントが発見できず、踏切が鳴り始めてしまう。

▲「田園の実りとE655系」 ウーン、どうだろうか・・・・
思い切って田んぼの中から撮った方が良かったかもしれない。

そして、次の中之条出発後のポイントを探して移動するが、
致命的な出来事に気づいてしまう・・・・・・・・。

八木原駅近くか、祖母島駅にカメラバッグとレンズを置き忘れた。

とりあえず、撮った後、探しに戻るしかないということに。
落ち着かない気持ちの中、橋脚のポイントでシャッターを切る。

まずまずの出来。横位置でもシャッターを切ったが、先頭が草に隠れてしまった。

落ち着き無く焦った気持ちの中、来た道を戻る。
祖母島駅に到着。カメラバッグとレンズは無かった・・・・。

さらに渋川方面へ戻る。
それは既に自分の気持ちの中で、「E655系をもう追いかけない」ということも意味していた。
八木原駅近くの踏切へ戻る。あった!

こうして無事、カメラバッグとレンズを回収した。

もう、西の山のへE655系を追いかけに行く+戻ってくるのを迎え撃つという
気分とはならず、先日から気になっていた、わたらせ渓谷鐵道を撮りに行くことにした。
一転して、車を東へ向け、桐生方面へと向かう。

ついでにと、寄った上毛電鉄・粕川駅で、見事列車交換場面に出くわした。

▲面逆はやむなし(苦笑)

▲やはり静岡東部人としては、岳南鉄道に見えてしまう(笑)

広がる入道雲。
熱い空気。
列車去って、ひっそりとたたずむ無人駅。
素晴らしい「夏」に出逢った。

まだ続く。
更に車を東へ走らせ。大間々(おおまま)駅に到着。
ついに、わたらせ渓谷鐵道を見ることとなる。

手作り色の濃いタッチパネル券売機で、入場券を買ってひっそりとした大間々駅に入場。
トロッコ列車には2時間半近く早いが、定期列車がちょうど来るので撮ることにした。

▲車庫の洗車線(?)に停まっていた

▲元「やすらぎ」客車 わ01形。

そして、定期列車がやってきた。

▲先頭は「あががね2」こと わ89-310形 312。

▲後ろは「こうしん」こと わ89-100形 101。

▲そして、うなりを上げて発車していった。

大間々駅から車を出して、走っている途中、しょうゆ屋を発見。
目玉焼きは醤油、サラダも醤油、玉子かけご飯にも醤油、しょうゆ党なので
衝動的に入ってみる。

日本一醤油・岡直三郎商店
群馬県みどり市大間々町大間々1012 地図
Tel:0277-72-1008


なるほど、これは素晴らしい手作りしょうゆ屋。
さっそく、一番搾りと、麦仕込み醤油を購入。
これからのご飯が楽しみである。

狙いのトロッコ列車は15時台が撮影時間帯。
まだ時間があったので、大間々・桐生の町へラーメンを食べに行く。
GPSがはじき出したラーメン屋「手打ちラーメン 金龍」。
博多ネギラーメンというのを食べた。

べ、紅しょうが??!!

まんま甘紅ショウガなので、めちゃくちゃ違和感。微妙だった(´∀`;)
でも、スープは美味しく、ホロホロと崩れるチャーシューも美味しかった。
麺が本当の手打ちで、細さも少々ばらつきがあって手作り色が濃い。
うどんのような味わいのあるボリュームのある麺だった。おなかいっぱい。

まだ時間があったので、ゲーセンを見つけてさまようが、思ったような結果はゼロ。
不毛の地である(苦笑)

そして、車を北上させ、渡良瀬の渓谷へと足を踏み入れる。
トロッコ列車の停車駅である水沼駅を狙う。ここは温泉センターが併設されている。
時間がなかったので、残念ながら入る機会はなかったが。

▲古ポストが現役で頑張っている

▲偶然、チョウを間近で捉えることが出来た

▲ああ、秋の彩りの美しさよ

▲そして手前に列車がやってくる

先に、下り列車がやってきたので、来た列車の先頭の方へ移動して
上りの本命、トロッコ列車を迎え撃つ。スプリングポイント採用の駅だから、
入線ホームの読みはカンペキだった。

ばっちり撮れた。
そして停車中もイロイロ撮ってみる。

▲トロッコならではの開放感

▲下りが出ていく中で撮影

▲わたらせ渓谷鉄道へ行っても、変わることなく

▲そして発車していった

これにて撮影はひとまず終了。
この日は、なんだか茶色い列車ばっかり撮っていたような気がする(苦笑)

あとは、一般道R50-R122を延々と南下して、途中太田の街でガソリン入れて、
更に南下。利根川を渡って、やがて東北道羽生インターへ。
羽生インターから東北道入りして、首都高川口PAで仮眠開始。

9/15(月・祝日)

午前1時半すぎに目が覚めて、首都高走開始。
雨がぱらついたり、吹き付ける中の走行で、スローダウン。
箱崎PAで休憩して落ち着くと、天気も良好に。

北池袋〜板橋JCTの工事にかち合ったため、C2抜けはいったん熊野町で降りて
王子北 入口への無料乗り継ぎ。結構な距離一般道を走った。タイムロスである。
怪我の功名として、途中コンビニで食事と飲み物を買えたのだが(苦笑)
この日は、見た限り辰巳PAと芝浦PAは閉鎖。走り屋対策である。

一通り走り終え、南池袋PAでマックスコーヒーを飲んで、
今日は早朝のR246を渋谷から走っていこうと思う。
途中、世田谷通りへ迷うことはあったものの、無事厚木までたどり着いた。
早朝だと渋滞もなく、快適に走れた。
厚木から小田原厚木道路。途中小田原PAで力つきて2時間ほど仮眠。

そして荻窪ICで小田原厚木道路を降りて、真鶴道路旧道へ。
9/4から無料化されており、交通量の多い中を走っていく。
熱海から熱函道路で自宅へ。

非常に旅程が長く、疲れたが、有意義な旅行だった。
これまでにデジタルカメラのデータフォルダで付けた、
外泊を伴った旅行を意味する分類名だが
まさに「Grand Travel」だったように思う。
楽しかった。

なお、E655系の情報を教えてくれたヤサミ氏、こまごめ氏、
撮影に非常に力を与えていただいた使徒氏に、この場をお借りして非常に感謝したい。
<完>




[2008年のレポート一覧へ戻る]