ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

カテゴリー : 撮影記,旅行

このカテゴリーの登録数:37件 表示 : 37 - 37 / 37

2006/04/18

新鋭>峠>湖

ポスト @ 23:18:18 | 撮影記,旅行

このポストは19日に行われましたが18日の記事です。
BGM:ONE WAY(Akihiko Nakatsubo - TTB Studio)
ALBUM:FISH TONE

YUUです。

今日はN700系の撮影へに行ってきました。
登場当初から、N700系と自分との相性は悪く、
三島の車両基地への停泊や、これまでの走行を見逃すなど
縁がなかったのですが、ようやく撮影にこぎ着けることができました。

仕事が休みだったので、朝起きして三島駅へ。
ビジネスマンが乗車待ちの列を成す中、三島駅新幹線ホームへ。
早速カメラを構えて、N700を待ち受けます。
まず、300系を撮って露出の確認。


(7:12)

ISO200 F4.0 1/1250sec で決定。
次のN700を待ち受けます。



撮れました!(7:15)

しかし、N700の前面形状が光に反射し、
露出が若干オーバー気味になってしまいました。
よってこの絵は、DPPで明るさ処理を行っています。
#リンク先はFLASHコンテンツあり、要注意

帰りに月見そばを食べて、つづいて富士はやぶさを撮影。

上り貨物は影が前面にかかってしまいましたが、

富士はやはバッチリでした!(8:25)

今日は連れと富士五湖巡りです。

まず山中湖へ到着。
つづいて忍野八海(おしのはっかい)へ移動。
八つの、富士山の湧き水が出ている池だそうです。

悪戦苦闘して無料駐車場を発見して駐車、移動して池を見てみると・・・・

すごくキレイです。澄み渡ってエメラルドグリーンが見えます。
ちなみにこれは湧池(わくいけ)。

八海に含まれない池のほとりで休んでいました。
この後、濁池(にごりいけ)、お釜池(おかまいけ)へ行きました。

右の黒い所は奥が深くなっており、さながらお釜のよう。
珍しいものを見ることができました。

この後、河口湖へ移動。
駐車場へ到着すると、女子オンリーの高校生の群れが。
ふたりしてバスを見れば桜華女学院という文字が。
「若いっていいねえ・・・・」とふたりでつぶやきました<あんたらどういう年齢だよ(笑)
ここで、行くところと食事する場所を決めて、移動開始。

目の前に見える橋は河口湖大橋。
1971年に有料道路として供用開始され、2005年6月に無料化されたそうです。
ここを渡りはじめましたが、平日で車が全然少なく、20〜30km/hぐらいで遊覧走行。
とても気持ちよかったです(^O^)
南方向へ向かい、ドギーパークに併設されているレストラン、
シルバンズ-SYLVANS-へ到着。
ここで昼食をとりました。

丸ごとローストチキンと、
春限定メニュー、朝霧ヨーグル豚の角煮とスパイシーマスカルポーネ
長い!w)を
食べたのですが、連れの頼んだ角煮の美味しいこと。
連れの久々の感動の言葉を聞いて、来て良かったなと実感しました。
サイトを見ていただけると分かりますが、予算は1人頭2000円〜5000円ベースと、
高めになりますが、質の高い料理が味わえるかと思います。
ドライバーでビールが飲めないので、帰りに地ビールを買って行きました。

途中、桔梗屋手作り食房で信玄餅を買って食べました。
感想は・・・・・・・・・・・

きな粉こぼれすぎ。

餅はとても甘く、黒みつとの相性が良かったです。
きな粉がひと味添えるのですが、もちろん黒みつと溶け合わず
風に吹かれてこぼれていきます_| ̄|○
車から一旦出て、きな粉を払い落とすハメに陥りました(苦笑)
家で食べろと言う話ではあるんですが(´∀`;)

この後は、鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)へ。
入場料230円を払って入ります。
まず。

当然ですが寒い
この日は最深部が0度だったようです。

で、中へ入っていくと看板が。

いや、それは絶対ひとかたまりは残らないから(´∀`;)
#調べてみると当時は雪やむしろで覆われて人足や馬で輸送され、
到着時、1割ぐらいの大きさになっていたそうです。

さて、洞くつの中は狭く、さながら探検隊の趣です。

しゃがまないと通れない場所もあり、頭をぶつけました(X_X)イタイ
最深部へ降りていくと、氷の固まりが積まれています。

さながら氷の洞くつです。
更に奥へ進めば・・・・

こりゃ刺さるって。
すごいつららです・・・・・・。

そして、急な階段を上り、ようやく外へ。
空気がなま暖かく感じます。

230円以上の価値を感じる、鳴沢氷穴探検でした。
この後は、南へ下って、本栖湖(もとすこ)へ。
すっかり日が暮れ始め、車も全然止まっておらず、
静かな本栖湖をふたりでながめていました。

日は暮れゆく

この後は、国道139号線−西富士道路で富士へ上陸、
夕食を食べ(疲れていてカメラを持っていく気力がなかった)帰りましたとさ。

とても楽しかったです。