ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

カテゴリー : 撮影記

このカテゴリーの登録数:171件 表示 : 52 - 54 / 171

2008/12/06

修善寺 虹の郷 もみじライトアップ

ポスト @ 23:08:50 | 撮影記

連れと一緒に、修善寺 虹の郷のもみじライトアップを見に行きました。

先日の暴風雨による落葉で、ライトアップ時間の入園は無料になっていた。
場内は寒い風が、時折吹き荒れる。


▲入り口周辺はイルミネーションされていた

▲ひっそりとした風情があるロムニー鉄道

▲ほぼ落葉したとはいえ、全開の紅葉も

▲夜空に紅は映え




▲所々ライトアップされていた

▲落葉のじゅうたんの中、芽吹く緑

十分に堪能させていただいた。
.この後は地元に戻って、焼き肉屋で食事。
そして、N14への布石として、連れと相談の上、ホテルを予約する。

賽は、投げられた。

2008/11/23

伊豆箱根ふれあいフェスタ2008

ポスト @ 23:13:36 | 撮影記,日記,湾岸マキシ

YUUです。
この日は伊豆箱根ふれあいフェスタ2008へ行ってきました。

列車で大場駅まで乗車。久々に南の方へ乗った気がする。
歩いて数分ほどで伊豆箱根鉄道本社へ到着。
受付をすませて、本社内を歩き回ることにする。

伊豆箱根タクシーグループの、軽自動車小型福祉タクシー、「なでしこ号」

▲車いすに乗ったまま乗降できる

▲支払いには介護保険を適用することができる

▲大形福祉タクシー「ひまわり号」写真の通り寝台での乗せ込みと、車いすにも対応する

▲(後撮影分)福祉タクシーと9人乗り観光向けジャンボタクシーが展示してあった


▲上司に会い、売店の休憩スペースで少し食事
焼きそば200円は値段の割に量は多かった もうけは狙っていないようである

そして鉄道工場方面へと歩く。

▲!! 元西武101系の改造車?! まるでウソ電

▲うーん・・・・上信電鉄??

▲比較:2006/8/28 上信電鉄のどっかの駅

2201+1401+1301 の付番がしてあった 何系?そのうちわかるであろう
(実は運転席試乗の際に、鉄道の人に聞いたのだがうろ覚えなので・・・)
※加筆 ネットでの検索の結果、1300系として、駿豆本線に登場するとのこと。

ここからは保線用機械。





次は、列車に乗車しての洗車体験。

洗車の様子を伝えるのに苦労したが、なんとかアニメGIFでお伝えできたかなと思う。
(はじめは9コマの静止画像を作ろうとしたが、画面に表示しきれないと思った)

▲洗車中の車窓から

▲ありがとうございました

▲そしてミニ列車 後ろには鉄道女優の史絵さんの姿も



▲クローズアップ絵大好き

▲「平行カルダン式歯車装置 歯車比15:86 製造番号70-4162-A10-20
製造年月 昭和56年5月 住友金属」
おお、俺より2年年下だな<そこ見るのかよ

あと50枚ぐらいは写真が掲載されそうな勢いですが、ひとまず執筆は中断です。
後日の更新にご期待くださいm(__)m (08/11/24 12:14 一旦中断)

(08/11/24 19:01) さて、執筆を再開します。

展示されている列車の中で、湯島 桂氏と、小鉄氏にお会いする。久々の再会。


▲?

▲答えはED33。運転席見学の際、鉄道の方に聞いたところ昭和22年製造のこと。

▲フェスタの喧噪の中、保守車庫内は静寂に満ちていた


▲ダイハツの展示車コーナーに行った コペンがあったので運転席に乗ってみる
実は、自分のあこがれのクルマ。軽オープン、スポーツタイプの先方を行く高級軽。
MOMOステアリング、レカロシート、ビルシュタインショック、特別アルティメットエディションII!

▲高いってばよ・・・・・・・・・・_| ̄|O

▲キレイにまとめ上げられたエンジンルーム内には、強力・名エンジンJB-DETが鎮座する

▲見ていく人々が「カッコイイ・・・」と言っていた
販売から6年近く経つが、大きなデザイン変更もなく、未だに現行というのもうなずける
お金があるのなら、今からでもすぐに買いたいぐらい。

そして講堂へ入り、鉄道模型展示・グッズ即売・部品の展示を見る。

▲HOゲージ・虹カマ

▲Nゲージ展示 もう1300系が(!)

▲昔の列車行き先板

▲硬券のパンチの形を展示してある

▲警笛のラッパ

▲駅名板

▲そして、落書きバス。自分もさて、一筆・・・・

▲失礼しましたっ(笑)


▲鉄道系展示を俯瞰する


▲ED33の運転席を見学

▲運転室内は不思議と懐古な車内だった

▲原寸拡大すると銘板は確かに昭和22年製造とあった

▲61年もの間、この後照灯は光を発し続けている

続いて3000系の運転席試乗。

▲普段、地元の足として乗っている車両の運転席に座れるとは感慨深い

▲ワンハンドルマスコン

どの運転席試乗も、子供には子供への対応、
鉄道ファンには鉄道ファンへの対応。とても手慣れている。
むろん自分は鉄道ファンとして係りの方とお話をしたのだが、心地よい距離感を感じた。


▲優美なシルエット

▲そして14:00からのビンゴ大会は、抽選に史絵さんが登場することもあって
数百人が集まり、賑わいを見せた。特賞はジャンボタクシー1日分貸し切り。
7〜8万円相当の貸し切りのプレゼントである。
特賞をゲットしたのは、友達と来ていたという中学生の男の子。
お母さんお父さんをビックリさせてあげてください(笑)おめでとうございます!

15時を過ぎ、こうして 伊豆箱根鉄道ふれあいフェスタ2008は幕を閉じた。
今年初めて、ふれあいフェスタに参加したが、とても楽しかった。また来年行きたいと思う。

▲帰りの大場駅で

そして、一旦家へ帰り、BeeBee長泉へ。
静岡県東部の猛者が集まり、対戦三昧。意外と調子は悪くなかった。

▲11/23現在

▲高い面々の対戦レベルとモチベーションに押され、阪神環状、久々の小更新!
明らかな1ヒット、ノーミスならやっと49秒台が見えてきた?!
閉店時間までいた(笑) みなさんご苦労様ですm(__)m

彩りの多い日、充実した休日だった。
読者のみなさん、ここまで長い長いブログをお読みいただきありがとうございますm(__)m

<完>
(2008/11/24 19:56)

2008/11/18

0811 小布施 長野電鉄撮影行 the 研修旅行

ポスト @ 22:20:28 | 撮影記,旅行,日記

[2008年のレポート一覧へ戻る]




酔ってます酔ってます(08/11/18 夜現在)
YUUです。
旅行帰りに同僚と飲んで帰ってきたので酔ってますが、勢いに乗って執筆です。

この日は、自治体の研修旅行に、勤務している会社として出席し、
同僚と二人で行ってきました。

行き先は、長野県にある、上高井郡小布施町
秋は、栗を名物にした食べ物が売り物になるという古い街並みを残した町です。
事前に参加することが分かり、また、到着先での観光がフリー行程となるため、
長野電鉄をなんとしても撮り収めると息巻いて参加しました。
しかし、滞在時間3時間、自由時間は2時間近く。さて、自分はどうやって長野電鉄を撮るのか?
その記録です。

同僚と待ち合わせて、7時15分、某駅近くにて集合して出発。

▲8:57 中央道・谷村PA

▲10:48 長野道・梓川SA
長旅にて、12時過ぎに、長野県上高井郡小布施町に到着。

▲12:21 北斎館に到着 若干肌寒い

▲12:36 竹風堂で昼食。栗おこわはたいへん美味しかった

この後、現地の日帰り風呂に入るという同僚と別れ、単独で自由行動に。
まず、一心に長野電鉄 小布施駅を目指す。

▲12:56 小布施周辺沿線での撮影は微妙そうだったので、
あらかじめ考えておいた接続駅、須坂駅への移動を考え、
小布施駅へ歩いていく

そして、小布施駅で、須坂駅への240円切符を買って、まず、逆方向の湯田中方面行きを撮影。
列車の足下撮りたいから、普段停車しない駅舎手前のホームから迎え撃つ。

▲13:02 うわっ、ぎりぎりだっ

▲13:03 よし、頑張って後追ったぞっ

どうやら、必死に追い切れている模様。
とりあえず、向こうのホームへ行き、長野行きの列車を待つ間いろいろ撮る。

▲13:05 東急グループ〜

▲13:06 「駅構内に4両の車両(ED5002、デハニ201、モハ604及び
モハ1003)が展示されています。 」とのこと。結局、時間の都合上近づくことは出来なかった。

▲13:13 腕木式信号も保存されていた

そして、長野行きに乗って、須坂まで移動。
ローカル感が、心をまったり落ち着かせる。
そして、ひっそりとした須坂駅へと到着。
いっぱい車両が止まっていたので、片っ端から撮っていく。


▲13:24 もう使われないOS10系 クハ61先頭

▲13:25 東急譲渡の8500系

▲車内は東急現役時代とさほど差異は見られなかったと思われる

そして、須坂駅に止まっている車両を編成写真で軒並み撮影。

▲3500系・3600系は、元 東京地下鉄日比谷線の車両

一旦駅を出て、特急車両に乗車すべく、お金をおろしに行く。
特急といっても、追加料金は1回100円、
どこまで行っても特急料金は上がることはない(苦笑)

執筆中、続く。

>ここから19日執筆分

▲13:37 日野旧ロゴが健在の長電バスの停まる、須坂駅前

▲改札口で野菜を売ってる(!)

須坂から小布施まで240円の乗車券と100円の特急券を買ってホームへ向かう。


▲13:44 すっかり曇ってきた


▲かつて使われていた転轍機の並ぶホーム

そして、元小田急ロマンスカー車両のA特急長野行きががやってきた。

▲往年の姿もそのままに
そして、まもなく湯田中温泉行きのA特急がやってきた。
が、しかしその列車は元ロマンスカー車両ではなかった。ビックリ!
調べによると、本来B特急に入る2000系の第4編成(D編成)とのこと。
車内に乗り込み、車内アナウンスを聞くと、「定期検査のため代走に入っている」という
趣旨のアナウンス、なかなか鉄なアナウンスである。


▲転換しないクロスシートだった。シートはかなりヘタレていた(苦笑)
4〜5分ほどの移動時間の間に車内を撮って一段落。
「栗と歴史の都、小布施駅へ到着です」とのサービス精神アナウンスの下、
小布施へ到着し、ダッシュで停車中・発車直前の後ろから編成アングルで撮影。

▲塗装はキレイで美しい

▲レンタサイクルもある小布施駅 お世話になりましたっm(__)m

そして、集合予定場所である北斎館へ向かう。
出発までまだ30分ぐらいの余裕があった、ゆっくり歩いて美しい景色を撮り収める。


PC-98とPC-88のコンパチブル機だった異端機、PC-98DOが何でここに?!(驚)
NEC希代の名CRT、PC-KD854Nとの組み合わせで眠っていました


▲途中、神社を歩いて抜ける。ため息が出るほど美しい景色に呆然と見とれていた

▲これほど紅葉の秋を満喫した秋は久々である

▲池に浮かぶ落ち葉の彩りは、まことに雅で風流である

▲艶やかに、鮮やかに、赤く燃える

おみやげを買って、同僚と合流して、15:00出発。
途中、SA・PAで休憩を繰り返しながら帰路に就く。

▲16:41 諏訪湖SA(上り)、眼前に広がる諏訪湖の眺めは視界一杯の湖


▲18:12 谷村PAに着けば、すっかり暮れている 新東海バスのエルガHDであった
そして、バスは19時過ぎ、三島駅へと到着。
自由時間がいかんせん少なかったが、良い旅だった。

帰りは同僚と一緒に居酒屋で飲んで、家に帰ってブログを書いていたが、
途中で力つきて寝ていた(苦笑)

これにて終了。

<完>




[2008年のレポート一覧へ戻る]