ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

カテゴリー : 旅行

このカテゴリーの登録数:87件 表示 : 16 - 18 / 87

2011/01/29

1101 鉄道博物館 初見学

ポスト @ 22:22:22 | 旅行,日記

[2011年のレポート一覧へ戻る]









この日は、初の鉄道博物館へ行ったときの記録です。

目覚めは早かった。
朝5時過ぎに目覚ましをかけて起きた。
眠い目をこすり、支度を整え自宅を出て列車に乗る。

「今の」鉄道博物館は、これが初めての見学になる。
「昔の」鉄道博物館は、かつて秋葉原・神田近辺にあり、
10年前ぐらいだろうか、大学時代に1回だけ行ったことがあった。
そんなことを思っていると、列車は三島駅へ到着。


▲6:21 7000系に乗った

▲6:22 三島駅の夜は明けようとしていた

みどりの窓口で、大宮までの乗車券と普通列車グリーン券を購入。
2700 + 750 = 3450円。ホリデー事前購入料金だから
このグリーン券価格で大宮まで行けるのはありがたい。

友人であるレガリア氏と待ち合わせて、東京行きに乗る予定だったので
それまでの間撮影する。


▲6:30 熱海行き

▲6:33 夜明けの光を浴びる島田行き

▲流してみる。1/25sec

ここでレガリア氏と3番線ホームで待ち合わせ。
この列車で、ひとまず大船まで乗っていく。
車内でサンドイッチとパンと朝食を食べながら
雑談に花を咲かせる。


▲7:10 日の出の根府川付近。

大船で乗り換え。

▲8:06 大船駅の中央の電光掲示板は時系列順に
まとめて表示してあってわかりやすい。(携帯Twitter投稿した画像)
一人で旅行したときは2階席ばかり座っていたから、
たまには下の席に座って、並行する列車の代車がよく見え、
地面が近くスピード感のある車窓を楽しみつつ・・・・うたたね(笑)
だって、夕べあまり寝てないんだもん<遠足前の子供かよ

・・・・ともかく列車は大宮へ到着。

▲9:43 ニューシャトルへ乗り換え。
大成駅はいまや「鉄道博物館駅」と化している。

▲第三軌条式か〜

10時の開館、数分前に鉄道博物館へ到着。
入場待ちの列ができていた。


▲9:57 床は新幹線の時刻表か!ちなみに1999.12だそうである

10時過ぎて、順次入場開始。コミケやディズニーほどではない(苦笑)

▲10:03 天井はダイヤグラムでした

入場料は大人1000円。Suicaの残高を使って入場できる。
その場合は、券売機でSuicaをタッチして1000円支払った後に
Suicaを入場ゲートにタッチして入場する。
Suicaを使わない場合は、現金1000円で入場パスを購入して
パスをタッチして入場する。退館時に返す仕組みである。

混みそうなので、早速シミュレータの列に並ぶ。
今は205系山手線、209系京浜東北線、211系高崎線、200系新幹線の4種類。


▲リアルにできている

▲なるほど、やはり音楽館


▲スタート直前にて撮影、ディスプレイも含め、計器も全部精巧に作動する

結果は・・・・駅間の短さに・・・・ブレーキの利きがわからず・・・・・・
20メートル近くオーバーランしてしまった_| ̄|○
電車でGO!みたいにはうまくいかないものである・・・。
前の運転手帽かぶった子供が0.2mクラスの停車決めてただけになおさらガックリ。

この博物館のメインと思わしき、1Fヒストリーゾーンで車両を見て回る。

▲ED40形式電気機関車。アプト式機関車。

▲下に潜ることができる。こうなっているわけか・・・


▲東海道本線の電化と共に歩んだ、EF58。これは89号機。

▲人々に見守られながら、余生を送る


▲「ブルートレイン」の先駆けとなった20系客車。

▲3段式寝台で、ブルートレインの基礎を築いた


▲ぬぅ、なぜこんなところに?!

▲む、これは?

▲そうです、181系 特急「とき」です

▲JR以降の設備にはかなわないが、遜色ない車内

▲そう、かつての私の住処、沼垂は
大昔、新潟の中核駅だったのである。

▲優美なこの線

▲この灯火が、新潟と東京を繋ぎ、走り続けてきた


▲交直流急行形は少数ながら今も残る

▲デカ目が目を引く

▲えちご、大垣夜行を思い出す車内

▲歴史を刻んだ、運転席-cockpit-


▲冷蔵貨車、10000形式貨車。緩急車付きのため
レムフを付番されている

▲車掌室は簡素である

▲風前の灯火であるEF66原色

▲幼少の頃眺めていたDD13は赤と灰色だったが
原色は茶色に黄色帯か・・・


▲戦前を代表する電車、国鉄40系電車、クモハ40074。

▲キレイにニスの塗られた木目。矛盾した表現だが、古くて新しい。


▲ガソリンカー、キハ41307。晩年はディーゼル化されたとのこと

▲急行形気動車の祖先と言っても良い車内

▲シンプルな運転台。仕切はほとんどなくバスのような感じ

▲通勤形・一般形・急行形・特急形と別れて進化していった


▲一等展望客車 マイテ39 11。内部は入れずガラスから中をのぞく

▲現在のグリーン車とは格が違う。まさに「一等車」。

そして、特急ボンネット形やED75を撮影。

▲「ひばり」のヘッドマークが懐古を誘う クモハ455-1

▲確かな存在感。ED75 775


▲101系をベースとした台車の動作見本。

▲マスコン・ブレーキの操作に応じて、リアルに動く

▲右方に設置された制御器もリアルに動き、ノッチを刻む

1Fのヒストリーゾーンは一通り見終わり、隣棟の0系新幹線館へ。


▲0系の先頭車がお出迎え

▲まさにこれぞ「新幹線」。

壁面に大きくかかれている年表と、建設の歴史に見入った。
意識を深く没入させ、じっくりと読み解いていく。

東海道新幹線。戦前に広軌の高速鉄道を建設する計画が
何度か持ち上がったものの、度重なる政略や戦争により、
計画は頓挫しつつあったが、戦後の歴史的な
「東京−大阪を250km/hで走り、3時間で結ぶ」という
国鉄無許可のプレゼンテーションが当時の十河総裁の目に触れ
総裁の賛同を得て、御前発表となり、戦前の基礎工事はあったものの
今以て考えられないほどの驚異的なハイペース、
5年半で東海道新幹線建設を成し遂げてしまったのである。


▲「東海道新幹線 この鉄道は日本国民の叡智と努力によって完成された」
恥ずかしながら、感極まって涙を流してしまった。
日本人の驚異的な潜在力、一致団結の国民性を見た。胸が熱い。

ここで、12時が近づいたので、ヒストリーゾーン中央で
機関車の転車台実演、汽笛吹鳴が行われるのを見た。
約15分のプレゼンテーション。鉄道博物館内に響き渡るC57の汽笛。
すばらしかった。(後日音声を公開予定)


▲101系展示車内の、昭和51年当時の50%アップ運賃改定の広告。
この時3兆円超えもの赤字を抱えていた。
そして、これからも返していかなくてはならない。

再び新幹線館へ戻り、車内撮影をする。

▲開業前のポスター。当時は30分間隔の運行だった。

▲運賃と料金の推移。物価上昇も加味して欲しい(クリックすると拡大)
開業時 超特急「ひかり」と現在の「のぞみ」比較で約5.6倍の変動。

▲懐かしい、折り畳み紙コップの飲料水機!

▲シンプルにして研究し尽くされたシートだった

▲車内は古さを感じさせない

車内の窓に設置された液晶ディスプレイに
新幹線ができるまでの写真が表示されていたので
じっくり見入る。そして新幹線館を一通り見終わり
そろそろ食事をしようかといった感じに。


▲2階のステンドグラスが美しかった。
そしてグラスの向こうにE231系が走り行く

1階の日本食堂でハヤシライスを食べる。700円なり。

▲量はそんなに多くないけど美味しかった

そして、ヒストリーゾーン2階へ戻り、
こんどは鉄道歴史年表をじっくりと見ていく。
二人でいろいろ話したり、評したりしながら、見ていく。


▲子供を飽きさせない工夫も。
一定間隔でHOゲージの列車が横切っていく。

▲1934年(昭和9年)、東海道本線 丹那トンネル開通。
これにより、三島駅が今の場所に移転し、旧三島駅は下土狩駅となる。

▲EF58の「青大将」

▲修学旅行列車も隆盛を極めた1950年代。

▲抜本的な改正が行われたという、
「ヨンサントオ」こと、昭和43年10月ダイヤ改正。

▲「とき」のヘッドマーク、自分が生まれたとき、
親はこれに乗って新潟から東京を経て三島へ戻ったという

▲そして、JRへバトンタッチされ新時代が始まる

▲懐かしい!!九州旅行の日々が思い出される。
ビュッフェで過ごしたあの時。
G車グランドキャビンでこのメニューを開いて
つばめレディへお弁当注文したっけ・・・・(涙

▲そして、新青森まで新幹線がつながり、新車両がデビューする。


▲今回、鉄道模型ジオラマは時間の都合で断念したが
次はじっくり見てみたい


▲移動する途中、窓からニューシャトルを狙う

ラーニングゾーンへ移動。
途中1Fのコレクションギャラリーは撮影不可ではないが
個人の範囲内での条件のため見ていくだけで自主的に撮影も行わなかった。
LED特急ヘッドマークを自分でいじれるのが楽しかった。


▲信号の変遷。電球からLEDへと進化していく信号。
これは5灯式。ちなみに大同信号製。

列車の動く仕組み、止まる仕組み、ポイントの変わる仕組み、
保安装置の仕組みなど、幼児レベルでもわかりやすい内容になっていて
楽しんで、列車の仕組みがわかるようになっている。

▲ここからもニューシャトルが撮れる

▲見下ろせばミニ列車も動いている。
これがまた閉塞がしっかりしていて手が込んでいる。


▲ビューデッキから新幹線の流し撮り。

じっくり見学して、階上の展望デッキへ。

▲ニューシャトル再び

▲新幹線はこんな風に撮れる


▲北側のノースウィングへ移動している最中にEF64 1003が撮れた!

▲ノースウィングには修学旅行車が展示されていた

▲修学旅行列車ならではの飲料水供給設備。

一通り見終わった。
ミニ列車コーナーはイルミネーションがともっていた。冬季イベントのようである。

▲16:42 もう少し暗くなればキレイになるだろう

▲てっぱく駅(笑) 1Fの駅構内ラボ。
駅員体験などができるゾーン。既に体験時間は終わっていた。

▲ないわー(笑)

これにて鉄道博物館の初見学は終了!
次回は鉄道模型ジオラマと駅構内ラボ、できれば運転士体験教室をやってみたい!
Suicaをゲートにタッチして出場。

ニューシャトルで大宮へ戻る。

▲17:04 ありがとうございました

埼京線快速へ乗り継いで、新宿へ移動。
レガリア氏にヘッドホンマイクをおすすめして、某電気屋にて購入してもらう。
これで携帯通話代もかからず(謎

そして、彼のおすすめの飲み屋、「無国籍ダイニング-海峡-」へ行く。
豪快な唐揚げが定評と言うが、さていかに?


まずアサヒ黒生で乾杯。

さて、唐揚げが来た。
・・・・・・・。

・・・・・・・・?!


ななな、なんじゃこりゃぁっ?!

これで399円(税抜き) マジッスカ?!

タバスコとか唐揚げとか、
いろいろとサイズが間違ってるんですが(笑)

とても楽しかった。あまり暴飲はしなかった。
酔いはちょっと物足りないぐらい。
店を出て、ゲーセンでマキシやってこてんこてんにのされたり
クイズマジックアカデミーやったりして、あっという間にバスの時間。


▲20:47 数ある行き先表示の中、「沼津営業所」が異彩を放つ(苦笑)
バスセンターで乗車券を買う。座席指定されるようだ。
9C・D席の切符を発行された。片道2000円。安い。
なぜか自分の買った「三島本町」の「本町」の
ローマ字表記が「HON-MACHI」(苦笑)、本来は「ほんちょう」と読む。

バス登場。

▲21:02 うわっ、専用ラッピング・・・逆に切ないな・・・

▲先頭に並んでいたので車内が撮れた。
2+2シート。運賃箱あるけどね(苦笑)

そんなこんなで、バスは新宿を21:10に出発。
車内ではほとんど寝ていた。
レガリア氏とは三島駅北口でお別れ。この後Skypeで・・・・(謎
自分は、三島本町まで乗車。
降車直後、写真を撮ると・・・


▲うわぁ・・・微妙(´∀`;)

日付変わって、この日は折しもサッカーのアジアカップ決勝。
ヘッドホンマイクとSkypeの設定が終わったレガリア氏と
自分はワンセグ、レガリア氏はフルセグで2〜3秒のタイムラグを楽しみながら
ボイスチャットしつつ観戦。結果は日本が延長後半で1点を決めて
アジアカップ優勝。いやぁ、よかったよかった!

思い出に残る、鉄道博物館の初見学となった。
レガリア氏、お疲れさまでした・・・・m(__)m

<完>








[2011年のレポート一覧へ戻る]

2011/01/22

名鉄つまみ食い -碧南・太田川- そして刈谷PAのイルミ

ポスト @ 23:23:23 | 旅行,日記

BGM:Verge - 島宮えいこ
野に咲く 色の 乱れる花 儚く 悲しげに 泣く
YUUです。

連れのクルマで、なぜか愛知県入りしてきました。
イチゴ狩りに連れて行きたかったのですが、
出足が遅くなってしまい時間が間に合わず。


▲碧南駅

新川町−碧南中央間でちょっと名鉄三河線を撮影。


▲16:19 ここは6000系か

太田川まで行って、欲張るため早めに切り上げて移動開始。
しかし、日は暮れ始めた。手持ち夜間撮影になりそうである。

▲17:24 高架工事が行われるさなかの、太田川駅前。
駐車場1時間100円は安い

改札へ向かい券売機で入場券を買おうとするが、入場券が買えない。
窓口で入場券を売ってもらおうとすると、
「磁気のモノと、紙のモノがありますがどうしますか?」と聞かれて
へぇ、と思った。紙のモノを作ってもらうことに。

▲ちゃんとあるんだあ

改札で、しばらく撮影する旨を告げて入場。撮影に興じる。

▲17:29 いい感じに暮れ始めている

▲17:36 来て早々いきなりミュースカイの流し撮り

▲17:38 3500系3519F
この後、南側で下り、北側で上りを狙って右往左往する展開が続く。

▲17:41 北側が3100系。3210が先頭だから3110F。

▲17:45 6500系。先頭が6422で6522F。

▲17:48 2200系トップの2201F。

▲17:50 またもトップ。3500系の3501F。

▲17:56 ひっきりなしに来るので手軽に撮れる
2200系。2304先頭の2204F。

▲せっかくなので流してみた。1/6sec

▲17:59 駅の東側では高架工事が進んでいる

▲18:05 6800系。6808Fはいわゆる「鉄仮面」の車。

▲18:07 2300系の2333F。

▲18:11 最後は6000系。6229先頭の6029F

そろそろ離脱する。
入場券に無効印を押してもらい、車へ戻る。
撮影時間はちょうど1時間足らずだった。

車を走らせ、連れの「赤福買って帰りたい」との希望に
デパートに売ってるかな、と思い近くのアピタへ行くが、
売っておらず残念。
赤福のサイトに販売店が載っているかなと思い、
携帯のフルブラウザで探してみると近くにあった。

車を走らせ、若干迷うこと30分ほど。
刈谷ハイウェイオアシスへ到着。

でっかい観覧車と、



綺麗なイルミネーションがお出迎え。ちょっと感動。

12個入りは売り切れていたが、8個入りを無事ゲット。
ちなみに販売店一覧はこちら


▲レインボウ

▲今回の旅行で三脚を忘れてきたので、
カメラバッグの上にカメラをおいてセルフタイマーで2人写真を撮った(苦笑)

▲ズームさせながらシャッターを切って遊ぶ

▲何のスポットかと思ったら・・・・

▲イルミネーション噴水だった。綺麗!

▲徐々に近づいてみよう

▲風に吹かれて流れていた

イルミネーションがキレイで堪能させていただいた。
そして、連れの車のナビでは最初から探すことはできなかったが
携帯のフルブラウザの力を借りて名古屋で有名な居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」を探し当てる。
ほとんどの店舗が名古屋駅近辺だったが、
異端とも思わしき、名古屋市内ではない「世界の山ちゃん」へ向かう。

車を走らせ、21時過ぎ。

世界の山ちゃん 東岡崎駅前店」へ到着。
当然だが、ここからは走らせてもらった連れの車の鍵を連れに預ける。


▲21:50 「幻の手羽先」はコショウが利いていてウマい

▲辛いのが苦手な場合は、コショウなしもできる

ウマかった。結構食べた割には二人で3500円。
安いな・・・と思ってメニューを見たらここは内税だった。
道理で安いわけである。


▲東岡崎駅前を走り抜けていく

連れの運転で岡崎ICから東名高速へ入り沼津IC経由で帰った。
楽しかった。また、車内撮影のために名古屋旅行へ行きかねない感じである(苦笑)

<完>

2011/01/03

1101 風光明媚 - リゾートビューふるさと撮影+乗車

ポスト @ 23:23:23 | 旅行,撮影記

[2011年のレポート一覧へ戻る]







新年あけましておめでとうございます。
YUUです。

この日のブログは、松本方面へ「リゾートビューふるさと」を
撮りに行ったときの記録です。

元日は仕事。2日は家に引きこもり。
「このままでは終われない」と思ったが最後(苦笑)

須走から一般道で篭坂峠越えしようとしたが、
降雪+凍結による弱スリップを感じ、チェーンは所持していたが
面倒さ・危険さを感じ、即座に東富士五湖道路へスイッチ。
どうせ無料だしね・・・(´∀`;)


大月を出て、いつもの場所で眠りにつく。
この時点では、まさか松本方面へ行くとは思っていなかったのである。

朝6時半頃、目が覚める。
さて、東へ向かうか、西へ向かうか・・・・。
やはり、リゾートビューふるさとが気になる。
松本電鉄も、できれば撮り直したいし・・・。

リゾートビューふるさとの時刻表を携帯電話で調べておく。
せっかく行ったのに運休ではどうしようもなくなるから・・・。
結局、大月ICから中央道へ入り、北西上して松本へ向かうことにした。


▲8:40 中央道・原PAで途中休憩。(地図

9時過ぎ、松本入り。すでにリゾートビューふるさとは
長野を出ており、松本に向かって走ってきている。
まず、これを迎え撃つ。

時刻表(「えきから時刻表」。実際は携帯で使用した)を参考に、
松本での停車時間を生かして、大糸線でも撮影を行う、追っかけをすることにした。

9時40分頃、松本から北へ2駅、田沢駅へ到着。
携帯の地図と照らし合わせて、上手く撮れそうな撮影地を探して回る。

そして、10時過ぎ、クルマを入れるのに苦労したが、
なんとかして撮影地を発見、まずワイドビューしなのの後打ちで試し撮り。

よし、こんなものでしょう。安曇野の山々の映える良い場所を確保。
満を持して、リゾートビューふるさとを待つ。

▲10:15 霜が降りていた。まもなくして日の光に溶け始める

そして、HB-E300系こと、リゾートビューふるさとの登場。

▲10:17 田沢−北松本間 ヽ(゚∀゚)丿

さて、早々に大糸線内へ向かうことにする。
松本の次の停車駅である穂高(ほたか)駅へ向かうが、
若干迷ってしまうも、列車到着の10分前に着くことができた。
どうも駅の近くに「穂高神社」があり、お参りらしきクルマが多数いた。


▲10:50 穂高駅。ちなみにこの写真が、
このカメラEOS20D 49999枚目のショットとなる。

入場券にてひとまず入場。
気さくな駅員さんと軽くお話。リゾートビューふるさとの入線番線を教えてくれた。
定刻通り、10:59にリゾートビューふるさとは入線。


▲2パターンのLED方向幕。

▲11:01 逆光(苦笑)

車両写真としては、田沢−北松本間の撮影で用をなした。
しかし・・・・・・。

車内写真を撮りたかった。
そう・・・・・、魔が差したのである。

穂高出発まではまだ時間がある。
指定席券売機を操作してみる。
そう、そこになぜか普通の券売機だけじゃなくて、指定席券売機がなぜかあったのだ!(何

席は空いてる。それもかなり。

運賃表を見る。南小谷まで950円か・・・・・・・・。
クルマどうしようかな・・・。

駅の横にある駐車場の向こうに、リゾートビューふるさとは止まっている。(地図
撮影を試みるがてら、駐車場を見回してみる。

?! JR穂高駅駐車場、1回500円?!

(゚∀゚) 950+510+510+950+500 (゚∀゚)

よし!乗る!

かくして、急遽、リゾートビューふるさと乗車は決まったのである。

穂高駅の駅員さんに駐車料金を払い、穂高〜南小谷の往復乗車券、
とりあえず穂高から南小谷のリゾートビューふるさとの指定券を購入。
帰りも席は空いていたから、乗車して席番を調べてから、
帰りの指定席を買うつもりであった。


▲11:13 ハイデッカーのシート。
床は落ち着いた木目調に、窓は天井近くまで
広々としたまさに「リゾートビュー」。

▲車端2カ所・天井1カ所に設置された前方モニターで展望もOK。

▲東急車輌製造である

▲展望室も眺望抜群。モニターには先頭展望室で
民謡の謡いの準備をする地元の方々が

11:24、リゾートビューふるさとは穂高駅を発車。

発車時はエンジンの音は全くしない。
モータ音もほとんど無く、静かな発車。
加速がついてから4〜5秒してエンジンがかかり、
自分の足下から唸り音が聞こえた。これがハイブリッドトレインか・・・。
(作業に余裕があれば、この文中に録音した音を何らかの形で貼り付けたい)

信濃松川を過ぎると、辺りは一面雪景色と化す。
心底、クルマで穂高より奥に入らなくて良かったと思った・・・。

車内は、安曇野にまつわる言い伝えと、民謡の謡うたいが
行われ、車窓の景色と相まって、旅気分を盛り上げてくれる。


▲11:44 信濃大町駅進入間近。テーブルには乗車記念スタンプ。

▲11:52 11:47、信濃大町駅へ停車。12:20発車の間に撮影。

▲12:00 「RESORT HYBRID」と大書されている。
床下には内燃機関と電気系統のハイブリッド構造が。

▲12:07 後追い撮影。後ろから普通列車が来て、
リゾートビューふるさとを追い越していった。

ここで食事をとっておかなかったことが、
後々ちょっとした痛手を被ることになる(苦笑)


▲12:30 右手に見える「木崎湖」の案内が
女性アテンダントさんによって行われる中、旅は続く。

▲時折、森茂る、雪の中を走り抜けてゆく

13:04、白馬へ到着。遂にこんなところまで来てしまったか・・・。

▲13:07 晴れ渡る空も、雪景色に包まれて、光り輝く

▲13:09 自サイト掲載の編成絵もこれで鉄板であろう
13:15 白馬を出発。南小谷到着前には、携帯で前面展望で動画を撮った。
同席した方々とも雑談は弾み、展望スペースを
譲っていただいた中での撮影、感謝であります。

13:29。南小谷までたどり着いた。

さて、食事場所を探しますか・・・。


▲13:44 つららを久々に見た。ありゃ、刺さったら大変だろうなあ・・・・。

▲13:50 小谷村役場までたどり着き、反転するもめぼしい飲食店はなく
結局南小谷駅へ戻り、途方に暮れる(苦笑)

▲13:57 駅前の橋より撮影。眼下に見える川は姫川(ひめかわ)。

▲14:09 回送列車が南下していった

南小谷始発の特急あずさはシャッターを切り遅れて失敗(苦笑)
そして・・・・・けっきょくどんな昼食になったかというと・・・。

緑のたぬき
_| ̄|・・・・・・○
まあ・・・・年越しそば食べてなかったから、遅れ年越しそばでいいよね・・・(´∀`;)

ともかく、返しリゾートビューふるさと乗車。
ちなみに、帰りの指定席は信濃大町で、先頭窓際席を確保!
南小谷発の姨捨スイッチバックまでは、1号車1番席が先頭。


▲14:44 南小谷出発。これがハイブリッドシステムの動作表示。

帰りの便は、停車時間も少なく、暮れていく中の走行。

▲15:27 木崎湖の横を行く。こんな雪の中、自分の車じゃ無理(泣


▲16:07 夕暮れていく

あっというまの楽しい時間だった。
穂高には16:08到着。アテンダントさん、穂高駅の駅員さんに
案内してくれたお礼を伝え、せっかくなので
クルマはまだそのままにして穂高神社にお参りに行く。


▲16:09 還ってきた。

穂高神社へは駅から歩いて5分前後ですぐに着いた。

▲16:07 クルマのお祓いが多く、手前に車が止まっていて、
こんな鳥居絵になりました(苦笑)


ともかく、二拝二拍手一拝でお参り。いいことありますように・・・・。

200円でおみくじを引いた。

大吉キター(゚∀゚)
なになに・・・・
「油断せずに信神して行い正しく些かも不義の楽しみに身を過たぬ様にせよ」
うーん、不純だったり、いたずらに出かけすぎるのも
あまり良くないということですか・・・・。
うーむ、気をつけよう・・・(--)(__)

さて、穂高駅を出発し、どうやって帰途についたかというと・・・・
国道19号・国道20号を延々と走って行きました(笑)
諏訪IC近くのガソリンスタンドで給油した以外は、甲府まで延々と走り続け。

風呂に入りたいと思い、甲府周辺でスーパー銭湯を探すも
値段などの折り合いが付かず、友人たちと大晦日に行っていた
笛吹フルーツ公園上の「ほったらかし温泉」へ行くことへ。

スッキリして、新日本三大夜景の一つである「笛吹川フルーツ公園」でちょっと撮影。


▲22:01 ISO400 F4.0 4sec 29mm 正面を向く

▲22:02 ISO400 F4.0 3sec 29mm  左方を向く

▲22:02 ISO400 F4.0 3sec 29mm  右方を向く

そして、大月から須走まで無料化の有料道、御殿場経由で家へ帰った。
とても充実感の高い遠征だった。またこんな立ち回りがしてみたいけども、
これは偶然の積み重なりで実現できたんだなと何かに感謝したくなる気持ちだった。

<完>






[2011年のレポート一覧へ戻る]