ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

カテゴリー : 旅行

このカテゴリーの登録数:87件 表示 : 10 - 12 / 87

2011/05/21

1105 首都高+江ノ電+大船モノレール+御殿場高原ビール=至福?

ポスト @ 10:10:10 | 撮影記,旅行


BGM:Universal Bunny (LIVE) May'n - Macross Frontier Movie song
(ユニバーサル・バニー - マクロスF Vo:May'N 武道館ライブバージョン)
コマドリが言いました 退屈すぎて
コマ送りストーリー 素通り サヨナラ
キミ次第 キミとシタイ キミとシにたい
キミとイキたい キミといたい いたい いたい…

イタイのがスキ

YUUです。

この日は、御殿場高原ビールビアパスポート購入、
首都高走行・江ノ電撮影というお題目で行動して参りました。

5月20日。ある「始まりの日」であった。
この日、7月15日まで御殿場高原ビールのレストラン「グランテーブル」で
ビールが飲み放題になる、夢のようなパスポートを4,500円にて購入。

▲2011/7/8 当時の写真
今日は購入だけ。飲めない(苦笑)

車をR246に彷徨わせ、御殿場〜山北〜松田〜秦野〜
裏道抜けして平塚〜戸塚〜保土ヶ谷給油〜永田ランプから首都高入り。
平和島PAで仮眠を取る。2時間ほど寝て、首都高をひた走る。

やっぱり金曜の夜はイイ。
主要PAは騒ぐ者・ルーレット族対策で閉鎖されるが、
工事を行わないので、クリアな状態で走ることができる。

駒形PAでいったん車を入れて休憩。

▲1:11 ISO200 F5.6 5sec 45mm相当

▲光が駆け抜ける

湾岸マキシDX+準拠の首都高一周をしたりするが、
今日は早々に首都高を離れ、江ノ電撮影を踏まえて
藤沢で長時間駐車可能なコインパーキングを調べておく。
結局、土日24時まで1,200円で駐車可能な「タイムズ藤沢石上第8」へ上陸。
未明4時頃眠りに就く。

(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)

朝9時過ぎ、起床。
車を離れ、藤沢駅へ。
江ノ電フリーきっぷ「のりおりくん」を購入。
580円で江ノ電が乗り放題になる。

さて・・・・

▲9:47 混んでますな・・・・・仕方ないね
腹くくって、縦に窓が広い2000形の2051へ乗車。

▲9:52 観光客で混み合う中、前方席の後ろで撮影

▲こんなに草木が近いですよ

江ノ島駅で一旦列車を降りる。

▲10:00 後ろは500形501。

江ノ島駅から腰越駅まで、江ノ電随一の路面区間を歩きながら撮影。

▲10:06

▲10:07 「番地境」 一旦路面列車道を外れれば、昔ながらの住宅が林立する町。

この道のいたるところに設置されている「接近」の表示がともり、江ノ電が路面を走ってくる。

▲10:11 300形355がやってきた

▲10:14 続いて500形552。


▲路面電車と、クルマと、ヒトが共に存在する空間。


▲10:24 後追いで10形50。

▲10:27 道路の真中を威風堂々と走り往くは江ノ電。


海が目前に見える神戸橋交差点のすぐそばには・・・・

腰越駅があった。

▲10:31 優美なカーブを描き

▲10:35 1000形1551が腰越駅に入線してくる。
嵐山電鉄でも同デザインが使われたから「嵐電号」だろうか。

▲後を追えば、1000形1151はラッピング列車だった

ここから、腰越駅から江ノ電に乗車して江ノ島駅へ戻る。
なぜ江ノ島駅で降りるのかって・・・・?


▲10:47 当時のTwitterつぶやきより「IGBTの音がする501に乗車」

江ノ島駅で降りて歩くこと数分。


▲湘南モノレール 湘南江の島駅であります!

湘南モノレールはこれまで撮ったり、真下をクルマで走ったりはしたが
実際に乗車するのは初めて。久々にワクワクする。

▲10:54 懸垂式モノレール。500形がお出迎え

▲車内は車端がロングシート、中央部がクロスシート。

▲車両間は通り抜けできない

▲古風な運転台。速度計の目盛りは120km/hまで刻まれている

さて、モノレールは大船駅に向けて発車。

▲戦前戦後、京浜急行運営の有料道路だった経緯もあり
ほぼ、その道の上を走っていく

▲11:05 結構スピード感がある

▲駅進入もさながら宇宙飛行のよう

約15分の乗車が終わり、大船駅へ到着。
ちなみに全線片道乗り通して300円。

大船駅の2階通路を生かして撮影。

▲11:17 さっき乗った500形が大船駅から発っていった

大船駅から横須賀線に乗車するべく改札内へ。

▲11:22 節電が行き届いている。2階駅舎は薄ら暗かった。

▲適当に撮影

E217系に乗って鎌倉駅まで行く。
江ノ電の鎌倉駅には花の鉢植えが置いてあり、
観光客が列車主体でデジカメ撮影する中
この花を列車と絡めていく。


▲ともしび

▲テールライト

▲500形552が去っていった

海沿いへ出るため、乗車位置に立ち、列車を待つ。

▲11:51 「おもいでづくりのおてつだい」
自分の地元にもこれだけの訴求力がほしい・・・・・・・。

乗車したのはレトロデザインな20形21。

▲12:07 対向列車とのすれ違い

稲村ヶ崎駅を過ぎる。ここからが海辺の線路の始まりである。
そして、七里ケ浜駅にて降車。


▲12:17 先ほど乗った21を迎え撃った

▲12:21 1151が戻ってきた さて、もうすぐ海沿い

▲柵もなく、間近に通る江ノ電を実感できる

▲歴史を刻む鉄路の証。

▲2000形も縦打ちしてOK

▲12:31 信号場ですれ違い・・・

▲2000形がやってくる

▲12:38 海を目前とした踏切の典型的な場所。

▲鎌倉高校前駅に到着。R134は終始渋滞である

▲山側からアプローチ。パジェロミニの後ろはジムニーか(そこかよ

車両集めという観点からはほぼ撮れてしまったし、
歩き疲れたので、鎌倉高校前駅から腰越駅まで江ノ電に乗って移動。
またも、腰越駅から江ノ島駅へ歩きながら撮影。


▲13:05 広角バーン(何 355の到来。

沿線沿いの書店で江ノ電の昔の写真をアルバムで展示しているという
広告が腰越駅にあったので、行ってみた。岡田書店という店だった。
店主らしきおじいさんが、親切にアルバムを見せてくれ、
店の入口近くのベンチに案内され、「ゆっくり見て行ってね」と。ありがとうございます。

先人たちの残した写真は開業当時から現在までの風景を子細に収めており、
人力車組合との競合(バスとタクシーとの競合みたいなものだろうか)や
横須賀線と交差したり、藤沢駅を高架化するなどの難工事の連続、
住宅少ない昔の田園風景など、貴重な写真を見ることができた。


▲13:14 アルバムを読んでいる間にも、書店の前で撮影

書店の店主にお礼を言い、場を辞する。
最後に、良く撮れる撮影地を教えてもらい、早速撮影。


▲13:29 龍口寺(りゅうこうじ)からの撮影。
併用軌道区間の始まりのカーブで収められる。

さて、そろそろ帰り始めよう。
江ノ島駅へ歩いて到着。


▲江ノ島駅にはスプリングポイントが。

▲13:37 対向列車入線時もガッチリ撮影。

▲13:51 レトロデザインの21に乗って藤沢へ帰ってきた。

クルマへ戻り、駐車料金は1,200円。
これだけ停めてこの料金なら十分に安い。
また来ることにしよう。

三島へは、西湘バイパス〜箱根新道というパターンで家には16時過ぎ帰宅。
車から降りて、ダッシュして伊豆箱根鉄道乗り換え。
三島駅へ到着し・・・・・・。

御殿場高原ビールへ行くシャトルバスに乗るのだ!

南口から北口へ抜けるために買った入場券で、合間に新幹線ホームにて撮影。

▲16:36 N700系Z15編成。今日はずっと撮ってるなあ・・・・

▲16:45 N700系Z35編成。試運転を撮影していた頃が懐かしい・・・・。

▲16:54 車体をくねらせ進入する700系B4編成

▲16:57 そしてこの700系を追い越すようにしてN700系Z39編成が通過

シャトルバス出発の時間が近いので三島駅から出ることにする。

▲「影・落陽の始まり」

三島駅北口から御殿場時之栖行きの無料シャトルバスは17:05出発。
うとうとすること約45分。御殿場高原ビールへ到着!


▲「ごてビよ、私は帰ってきた!!」 CV:大塚明夫

▲復活!ビアパスポート。今度は3種類あるでよう

早速入店。増設された棟に通された。

▲歴代のビアパスポートを掲げ、ピルスで乾杯!

▲至福の一杯

▲18:22 復活メニュー「昔ながらのローストチキン」
にんにく添えが泣かせる

待ちに待ちに、待ちに待ちに、待ちに待って、20時半過ぎ連れが到着・・・・・。
もう、都合5〜6杯。酔っ払っちゃったよ・・・


▲20:51 それでも飲む飲む氷結ピルスの「アラスカピルス」

▲21:00 連れと一緒に食べたのはパスタ「小エビといんげんのジェノベーゼ」

▲21:30 連れはデザートにいたくご満悦だったよう

結局閉店の22持までいた。
ああ、今日は盛り沢山だったな・・・・。

そう、この時点では・・・・。

無料シャトルバスで通う、
御殿場高原ビール・ビアパスポートで通いつめる日々が
週2・3ペースで展開されることになろうとは
思わなかったのである・・・・・、がそれはまた別の話。

<完>

[2011/8/4 23:08 第1版]
[2011/8/11 21:02 第2版・冒頭詞を修正]

2011/04/26

1104 Neo Grand Travel 3日目-雪辱のスカイアクセス線-

ポスト @ 21:21:21 | 旅行,撮影記

GrandTravel(GT) and N(N-tour) Common Theme BGM - Verge (Mixed Up Nakazawa Tomoyuki Style) - Ayana
野に這う 人の朽ちた姿 波打つ 赫の永遠
こんばんは、YUUです。

2011年4月24日(日)〜26日(火)の3日間で、
山梨・長野・埼玉・栃木・茨城・千葉・東京と、
広範に渡るドライブ旅行へ行ってきました。
この記事はそのときの記録となります。

題して「Neo GrandTravel 20110424-26」(ねお ぐらんどとらべる)。
さて、どんな旅となりますやら。

なお、運転車窓の撮影は、EOS20Dでケーブルレリーズ接続にて
オートパワーオフを適用して電源スイッチをONにしたまま
手元で撮影しています。

朝の目覚めは、爽やかであった。
シャワーを浴びて身支度。9時30分少し前にチェックアウト。


水海道 スカイホテル。お世話になりました

車は一路南下し、目指すはスカイアクセス線!


▲9:49 R294で守谷を過ぎれば、つくばエクスプレスの下をくぐる

▲10:15 取手駅へ到着。すっかり暑くなってきた

▲10:30 我孫子を過ぎ、更に南下してR16またぎを目前とし

▲11:15 若干渋滞に苦しみ、新鎌ヶ谷へ到着。

さて、新スカイライナーの撮影である。
前回、不十分な結果に終わっただけに、ここは外せない。
入場券を買って、気合い入れて撮影開始。


いきなり手前に来られた(笑)

そして最初の雪辱晴らし。

▲11:24 広角ガシーンヽ(゚∀゚)丿 ISO100 F4.0 1/1600sec

▲11:35 そして後続にアクセス特急が。?トップナンバー?

▲11:41 続いて北総鉄道の7300形

▲11:50 奇しくもこれが京急1000形(2代)の初撮影となった(苦笑)

▲12:04 これで編成写真も安泰である

▲12:06 後追い順光(苦笑) 都営5300形

▲12:15 いわゆる3050形

十分撮れた。
ここで、夕方に友人と御茶ノ水での待ち合わせをすることを踏まえた上で、
前回スルーした 千葉モノレールの撮影をするため、千葉市街へと車を走らせる。


▲14:03 偶然たどり着いた三咲〜滝不動間にて新京成電鉄を撮影。

▲14:44 首都高速湾岸線の横を走るR357を走り抜けて・・・・

▲15:10 さあ、千葉モノレールの橋脚が見えた!

友人レガリア氏の支度終了のメール連絡を待ちつつ、
千葉モノレールを撮影。見上げアングル難しいな〜


▲15:24 橋脚をはさむ構図が難しいですますよ〜

▲15:36 うまく挟まった!(笑)

▲15:37 すれ違い撮影。これも編成写真というのだろうか

▲15:49 こりゃ、高さと光の条件が良いところでリベンジかしら・・・・

それでも撮影はできたので程々満足。
友人からの知らせも来たので、渋滞も予測の上移動開始。
都心へと向かう。


▲16:48 新津田沼付近を渋滞に巻き込まれながら往く
あっ、タヌキだ・・・撮りたかったなあ

▲17:36 渋滞を抜ければR14。一気にスピードが乗る

▲17:59 思い出深い亀戸駅前。

道は広いのに、車がとても多くて、
全体の走行スピードも速いのでせせこましい。
赤−>青信号のスタートダッシュも速い。せかされるようだ。
あまり初心運転者にはお勧めできない。
なだれ込むようにして都心へ入っていく。


▲18:11 神田須田町。ついに秋葉原〜神田間の下をくぐった。
見えるはE2系新幹線か

この後、車は御茶ノ水へ入っていき、待ち合わせに苦労するも
レガリア氏との待ち合わせに成功。

夕食として、紹介された店は老舗カレー店、「エチオピア」であった。

▲19:01 専門店ですがな

▲19:05 まず出てきたのはジャガイモとバター。前菜でもあり、箸休めだそうな

自分はビーフカレー、相方はチキンカレーを頼んだ。
さて・・・。


▲19:12 飯デカッ!これは食べがいがあるなあ

▲盛り上がってますよ・・・・(´∀`;)

とはいえ、市販のカレーとは段違いの
「辛さ」という味と香りの複雑さ。
とても食べやすく異例のスピードで完食。
レガリア氏は他にも都内でオススメの店をいくつか知っており、
これは今後もカレー店巡りをしそうな勢いである(笑)


▲19:50 しばし、大学時代に周辺を歩き回った追憶の散歩をし、

東名高速で帰るのも味気ないな、という意見が合致し・・・・
R246を渋谷から延々と裾野周辺まで走り・・・・。

友人レガリア氏を送って、家に着いたのは夜中2時過ぎであった。


▲2:00 この旅、NeoGTのためにUSBメモリに組んだ自作サウンドトラック
(お気に入り曲のかき集めとも言う)の最後は、Last Daybreak

かくして、総走行距離は・・・・。

▲2:01 59,866 − 59,064 = 802km

いやぁ・・・・走った走った。
外首都圏をぐるーっと周り、ひたすら走り往く旅路。
まさに「Neo GrandTravel」に相応しかった。

<完>

[2011/8/2 23:37 第1版]

2011/04/25

1104 Neo Grand Travel 2日目[後編]-久喜レトロゲーム探訪 夜宴の水海道-

ポスト @ 22:22:22 | 旅行,撮影記


Neo GrandTravel 20110424-26 BGM:
Two face -The Front Line Covers- Vo:MELL
許せない罪は 繰り返す時の狭間に
凍り付くような夜を いくつも超えて

こんばんは、YUUです。

2011年4月24日(日)〜26日(火)の3日間で、
山梨・長野・埼玉・栃木・茨城・千葉・東京と、
広範に渡るドライブ旅行へ行ってきました。
この記事はそのときの記録となります。

題して「Neo GrandTravel 20110424-26」(ねお ぐらんどとらべる)。
さて、どんな旅となりますやら。

なお、運転車窓の撮影は、EOS20Dでケーブルレリーズ接続にて
オートパワーオフを適用して電源スイッチをONにしたまま
手元で撮影しています。

真岡から一転して車を南下させる。


▲15:33 真岡鐵道 久下田駅付近

▲16:09 再びR4へ入り、今度は南下

▲16:30 利根川を渡り、五霞町を経て幸手(さって)市へ上陸。久喜市の隣町。

▲17:03 久喜駅前へ到着。さて、何を探していたのかというと・・・・

2002年当時、ゲームセンターで稼働していた
SEGAのスケボー体感ゲーム「AIR TRIX」(エアトリックス・リンクは海外の情報サイト)。
2chの情報ではこの久喜市のゲームコーナーに2009年頃置かれていたらしい。
デパートの駐車場に車を停め、そのゲームコーナーのある久喜駅前へと歩いて向かう。

駅前のショッピングセンターにその店舗はあった。
15分100円でゲームが遊び放題という「U.S.LAND 久喜駅前店」。
平日夜はフリータイムということで入会料込みで700円で21時閉店まで遊び放題とのこと。
確かに店内のお客様はまばらだった。

早速入場してAIR TRIXを探したが、結局見つからなかった・・・・・_| ̄|○
まあ、レアゲーだから致し方ないか・・・。

しかしながら、なかなか懐かしいゲームばかりだったので軒並み遊んだ。

▲「Rave Racer」(レイブレーサー)。namcoの名作。
高校の頃タイムアタックにさんざんハマった。

▲SEGA「THE TYPING OF THE DEAD」。2002年頃の流行り。
ガンシューティングのタイピング版。全クリまで遊んだ。

▲未だ健在な店舗も多いTAITO「電車でGO!2高速編 3000番台」。
これは熱海にあるから今日はいいや(苦笑)

▲SEGA「CRAZY TAXI」(クレイジータクシー)。これは大学時代さんざん遊びまくった。
ウマくプレイすると100円で15分やら20分やらプレイできるから時間つぶしには最高。

▲TAITO「パワーショベルに乗ろう!」
このころの体感ゲーム機は多彩だった。

▲SEGA「タッチ・デ・ウノー」初代。まだプリント用紙流通しているのか・・・?

▲TAITO「LANDING HIGH JAPAN」。
前作は「TOP LANDING」遊園地のアトラクションみたいな筐体だったが
続編はダウンサイジングして登場していた

▲KONAMI「ライジンピンポン」。
斬新な卓球の体感筐体だったが当時のセールスはどうだったのか

▲SEGA「犬のおさんぽ」
これまた斬新。リードを引いて歩いて犬のお散歩。
いかに愛犬のご機嫌を落とさずお散歩できるかというゲームだった

▲namco「GUNBULLET」(ガンバレット)。
高校時代はオール激ムズとか平気でやってたなあ(´∀`;)

そんなわけで結構遊んでしまった(苦笑)
店を出ると時間は19時半。とりあえず車に戻るが、

今日の宿を決めてなかった(X_X)アッチャア

携帯を操り、宿泊場所を探す。
できれば行ったことのない街にしたかったが
なかなかいい条件の所がない。
どういった妥協かは微妙なところではあるが、
過去に行ったことのある水海道駅近くのホテルに目標を定め
20時過ぎ出発。さて、22時チェックインとし、目標までの距離は
約だが果たして間に合うのか?


▲20:37 東武動物公園近く。R16の北部、裏道市道を抜けていく

▲20:48 R4をまたぐ「堤根(つつみね)南」交差点

▲20:59 江戸川を「宝珠花橋」で渡る

ここから利根川を渡りつつ東進。21時40分頃水海道駅へと到着。

▲21:39 構外から撮影

▲21:41 水海道、再び。(リンクは2010/12/19撮影の画像)

そして、水海道駅東側にあるホテルへチェックイン。22時前に着けました・・・。
腹減った・・・。早速支度して目星を付けておいた駅前の居酒屋へ向かう。


▲22:15 養老乃瀧 水海道店。さっそく生大!

▲22:25 ゴーヤチャンプル。元気出していこう

▲22:42 若鶏の唐揚げ。美味しかった

飲み後半は軽くお店の人と雑談できた。
静岡の話題も話すことができてご機嫌。
23時過ぎに店を出てホテルへ戻る途中撮影。


▲23:24 23時過ぎて終電近くも、元気に関東鉄道は動いていた

▲23:27 光跡っぽい後追い流しは1/3sec。

途中、コンビニで追い酒と酔い覚ましの水分と朝の食事を購入して
ホテルへ戻れば0時過ぎ。


▲0:06 これで3,800円?!広い。
ちなみにウィークリーマンションみたいな部屋配置だった


ボリュームを最小限に落としてテレビを見つつ

目の前の国道294号線を行き交うトラックを見つつ、
眠りに落ちたのは1時前だっただろうか。

この手の中の 乾いた砂の粒を
輝く宝石にいつか 変えてみせるから

Neo GrandTravel 20110424-26 Sub Theme:
空より近い夢 - verge1 Vo:MELL & MIKI

[3日目へ続く]