ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

カテゴリー : 日記

このカテゴリーの登録数:265件 表示 : 172 - 174 / 265

2007/01/14

拓け新世界-マキシ2 5000km Over-

ポスト @ 16:02:43 | 日記,非音ゲー,BEMANI

限界を超えよ
YUUです。
このエントリは1/15に編集、公開されました。

デート終了後、飽きもせず深夜ドライブ。
ドライブの後、平塚で湾岸MIDNIGHTを走り込んで、
5000kmオーバー815馬力解禁祭りといこうと思っていた矢先でした。

ここで、某氏からメール。
「御殿場ゲーセン来るようでしたら連絡下さい
対戦してみたいので(笑」
・・・・よーし、かかってこい!ww
さっそくメールを返しました。

それまでの時間、走り回ります。
裾野で給油し、御殿場からR138。箱根仙石原経由してR1で小田原へ下降。
とても寒かったです{{ (>_<) }}
小田原から西湘バイパスで西湘PA到着。
一旦仮眠を取りますが、あまりの寒さに7時前に起きました。

西湘バイパスを降りて、山道で渋沢へ出て、R246を漂うこと8時を経過。
途中、吉野家で納豆定食。

そういえば、ここ最近、納豆がテレビで紹介されてブームだそうです。
なんでも1日2パックでダイエット効果があり、
混ぜて20分放置すると長生きによい物質ができるそうな。
(情報ソース:Yahoo! K-tai ニュース)
スーパーなどでは入荷してすぐ売り切れて売り場が空っぽになる、
メーカーも品薄の状態にお詫び広告を出す異例の事態、
店側としては頭を痛くする、狂想曲的状態が続いているようです。
そんな時勢をよそに、納豆定食ご飯大盛りを味わいます(笑)

店を出て9時頃。大雄山駅近くで良いポイントがあったので撮影。

トムトムトム(゚∀゚)
公道上から最大ズームで撮影

コデコデコデ(゚∀゚)
この時、工場回送の準備だとはつゆ知らずでした(苦笑)
この工場回送の出来事には、15日当日、気づくことになります。

光浴びる保線車両

石ジャマ_| ̄|○
以上3枚は踏切からの撮影です。安全安全。
そして、県道78号線、武蔵堂の峠道越えをして山道をグルグル走ること40分ほど。
足柄駅へ到着。
せっかくなのでゲーセン開店までの時間稼ぎで下り列車を撮ります。
かねてから撮影してみたかった地点へ車を移動させ、広い路肩に車を停車。

撮影した瞬間、曇っていた空が明るくなってしまいましたが・・・・

良い広角。午後訪れてみたい光具合でした。

そして開店数分後の御殿場ゲーセンへ到着。
マキシ2を走り込んで2時間ほど、走行距離が4800越えたぐらいでしょうか。
不慮の事態により携帯の機種変更を済ませてきた、某氏が到着。
さっそく対戦してみました。
結果、最後の追い込みで某氏を抜かして★を獲得。今度もぜひやりましょう(^^)
その後は相互に走り込み。
ついに5000km突破。
ダイナミックな演出があるかと思いましたが、以外にも淡々。
走行距離の加算画面に「チューニングゲージ+1」と表示され
演出はそれ以上なし(苦笑)
何はともあれ、815馬力解禁です。

さっそく、首都高一周してみます。
この一日でコーナリングの何かに覚醒した模様、
12分42秒を切れなかった称号「没落貴族」(<かなり気に入っている)は
全体の速度が向上して、解禁前12分37秒まで詰めていましたが、
815馬力解禁で12分33秒まで詰めることができました。
やはりゲージが上がる分、全体の安定感が増します。
パワーがそのままでも、ハンドリングが上がるので、
速度の損失が少なくなり、全体の走行速度が上がり、タイムも上がるようです。
まだまだいけそうです。
某氏は、無事80話1周目をクリアし、見事810馬力までアップ。
首都高一周で800馬力時点で既に自分の810馬力よりも早かったので
自分が抜かれるのも時間の問題でしょう。うかうかしてられません。

そして、歪で、破竹の勢いの某氏と一緒に代わる代わる歪プレイ。
2回プレイしましたが、とんだ体たらく。
6・HARMONY7・garden
2ステージ連続80%、ボーダーボーナスクリアという不安定感。
そしてその不安定感は顕在し、3曲目の8・ANDROMEDA
無様なFAILEDを晒しました・・・_| ̄|○
ちょっと惨めな気分でした。また★7★6辺りからやり直していきたいと思っています。
遠くなった9・quasarクリアがリハビリの終了として、
目標に掲げ、復活していきたいと思っています。

太鼓9は、ゲームオーバーで操作方法を手引きされていた、オプションを発見!
難易度選択で右カッを何度も叩き”おに”を出現、
その後”あそびかた”もしくは”かんたん”へ移動して、
さらに左カッを何度か叩くと、オプション出現。
「にばい」「さんばい」「よんばい」(譜面スピードアップ)、
「ドロン」(試してないがたぶん叩く前に譜が消える?)、
「あべこべ」(”ドン”と”カッ”が逆に)、そして解除と切り替えられる模様。
各オプションの複数適用はできなさそう。
アイマスをあべこべにして、めちゃめちゃなスコアになりましたが(´∀`;)
遅い曲にスピードアップは良くなりそうです。真・画竜は良くなりました(^^)

帰って眠りたい時間になったので、某氏に帰還、お別れを告げ帰還。
途中、裏道山道で事故があったようで、足止めされました。
ハザードたいて、車を降りて事故現場を見に行くと、事故車でクルマは双方ふさがっている。
救急車の音も遠くに聞こえ、駆けつけているようで、
事故を知らずに殺到したクルマは皆方向転換して離脱していました。
他の数台も車を降りてしばらく事態を見守っており、
事故に立ち会ったと思わしき人達が、事故処理をしていました。
このままいたのではジャマになると思い、やがて自分もUターンして別の道経由で帰りました。

とりあえず、今はマキシ2で、走って走り抜きたいと思っています(^^)
そう言う面では、ここのところ2回経験した首都高深夜実走は、
イメージ的に役だったと思っています。

2007/01/07

衝動 -impulse driving.-

ポスト @ 16:54:36 | 日記,非音ゲー

純粋に走るためだけに
YUUです。

デート終了後、仮眠を取ると4時。
ふと「首都高を走りたい」という衝動に駆られ、
気が付けば、車で箱根新道を下って西湘バイパス入りしていました。

新湘南バイパスを抜けて、戸塚国道1号線を走破。
横浜新道には入らず、途中Expressセルフスタンドで給油。

首都高渋滞情報がこの走行記録の参考となります。

衝動が引き起こした、首都高クルージングは、
永田出入口から[K3](神奈川3号狩場線)入り。気持ちが高ぶります。
横浜駅[K1](神奈川1号横羽線)を経由して[1]羽田線へ。
ここから[C1]都心環状線入り。内回りで箱崎JCTを[9]経由して
辰巳JCT経由で[B]湾岸線入り。
レインボーブリッジを渡って芝浦PAで休憩。

手前は私のクルマではありません(笑)



「まれに見るいい流れだ
ドコにも事故や工事渋滞が今夜はない」
湾岸MIDNIGHT 16巻より黒木R

実際、支障は首都高全線このとき皆無でした。幸運。

腹ごしらえして再び出撃。
ものすごく早いS3000には到底追いつけませんでした。
C1入り。次は外回りで池袋を経由して上野通過、
再び箱崎JCT、辰巳JCT経由で湾岸線入り。
今度はレイブリではなく、大井Uターンで再びC1入り。
C1からはじめて東京高速道路KK線へ。
ETC通過すると入ったときは電子音のみ、
新幹線を左に見やりつつ東京周辺通過。ふたたびC1へ戻ろうと、
料金所へ向かうとETCゲートにタクシーが止まっており、1分ほど足止めを食いました(苦笑)
その後通過すると、ETCは「0円です」となり、乗り継ぎ完了。再び首都高へ戻ります。
次は箱崎JCTから湾岸線へ向かわず、[6]向島線で西へ向かい
堀切JCTで[C2]中央環状線入り、葛西JCT経由で湾岸線入り。
最後にレイブリを通過して帰ろうということで、
辰巳JCTから箱崎JCTを通って銀座経由でレイブリを渡ろうとしますが、
箱崎JCTの分岐で、銀座側に入れず、C1を内回りして上野、池袋、霞ヶ関と回って
浜崎橋JCT、芝浦JCTというめまぐるしい分岐でレインボーブリッジを渡ります。
レイブリは東京へ向かう方よりも、お台場へ向かう方がクルマの交通量が多かったです。
そして湾岸線入り。走り回った首都高を離れ、湾岸線を延々と走り、
K3へ戻り、最後は永田出入口から首都高クルージング終了。

ここから国道1号線を延々と走り、平塚へR129経由で到着。
平塚ゲーセンで、今日の復習をします(違
10時半ぐらいまでは、プレイヤーがおらず、首都高一周をプレイし続けました。
途中から、神プレイヤーが登場。走行距離が6万を超えてる・・・・。
1回だけ対戦に挑戦しましたが、純粋にライン取りで差を付けられ、
一瞬たりとも追いつくことなく完膚なまでに叩きのめされました(笑)
ゲーセンには13時頃までいました。
その後、西湘バイパス・箱根新道経由で帰りますが、例によって箱根口付近で渋滞。
推定2キロの長さの渋滞を抜けるまで20分〜30分ほどかかりました。

ひたすら駆けました。
ある程度愛車の限界も分かった感じがします。
とても楽しかったです。またいつか走ると思います。

言葉には表せない、首都高の中にある、何かを求めて。
Nothing Can Live Forever...

2006/12/30

Nothing Can Live Forever

ポスト @ 16:57:28 | 撮影記,日記

人も車も必ず最後はある―
それを忘れず そして それを認めて
走らせてくれ アキオ
息絶えるまでその車は走り続ける
走るコトが生きている理由なんだ
湾岸MIDNIGHT 15巻より

YUUです。

この日は、3363列車のない鉄道撮影に行っていました。
928M-759MはN1でした。
なお、この日撮影したデータはまだPCに未転送のため
後日、画像が掲載されます。
1074列車はEF66 34だった気がします(苦笑)