ご案内 自己紹介 ブログ 掲示板入口 ショッピング 写真集 レポート 動画 記念画像 特別 リンク メール
[TOPへ戻る]

2006/04

27 件のログがあります。表示 : 1 - 3 / 27

2006/04/30

黎明の光

ポスト @ 11:23:55 | 撮影記,BEMANI

BGM:恋心 - B'z
二度とは戻らない時間を 笑って 歌って ずっと忘れない
恋心

YUUです。

デート終了後、歪をプレイしに行きました。
赤いのはいることはいたんですが・・・・・

歪が2台に増えてる(゚o゚;)

ビックリです。新型タイプが導入されていました。
これで、空きができており、今回はプレイに集中できるようになりました。
この日は★6〜8を中心にプレイしました。
知人より「最初はEASY+AUTOSCRATCHで慣れて、解除していくといいよ」との
言葉通り、特に★8は段階を踏みつつプレイ。
ABSOLUTE、MOON RACEのEASY解除に成功、
しかしながらALFARSHEAR 双神威に廻る夢のEASY解除に失敗、落ちる。
階段部分が致命的である。これは練習しないと・・・・・・。
気を取り直してMore Moveをプレイするがまたも落ちる。

階段と同時押しの連続・・・・・・・_| ̄|○
自分の弱点が見えてきた。

★6Give Me A Sign、Les filles balancent、STILL IN MY HEART
大桟橋をクリア。大桟橋はボーカルが槙原敬之っぽくてイイw

5時頃ゲーセンを出て、サンライズ撮影に向かう。
撮影地を探して、見下ろしアングルで撮るが・・・・・・・・
 
編成が切れる、先頭がぶれる_| ̄|○

ああ・・・・・・・・・_| ̄|○ タソガレ

これはここで引き下がるわけには行かない。
まず、片浜−沼津間で、朝6時台の貨物へリベンジすることにしました。
撮影地に到着して下り貨物を撮りますが・・・・

1085列車は後ろが収まりきりませんでした。EF66 115
続いて、上り貨物7050列車を撮影。

やっと納得行く絵が撮れました。前後まで収まり半逆光ですがそつの無いデキ。
 
最後に上り単機1750列車を撮って、さらに東へ移動。

上りが直線で撮れる地点で下りを撮りますが、

ここは下りの長編成が入らないので更に移動しました。
そして、上ってきたE231系を縦撮りで撮ると・・・

(゚∀゚)
一発でました。この日はこのアングルで富士はやぶさを狙うことにしました。

下りは後追いで、編成流しを練習。まだまだこれからです。

縦絵は絞り開放のぼけ味の遠近感が好きです。
更に編成が後ろに入っていると、カーブ感があってカッコいいと自分は思っています。
 
左:5083列車は露光オーバー_| ̄|○  右:あともう一歩。着実に

そして、寝台特急富士はやぶさの登場。

EF66 43ヽ(゚∀゚)丿
美しく撮れました。

この後は、東海まで撮って撤退しました。
 

2006/04/29

[評]Web写真界隈その4

ポスト @ 12:28:50 | 想綴

BGM:ANDROMEDA - Sota Fujimori(beatmaniaIIDX 11 RED)
YUUです。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/webphoto/2006/04/27/3699.html

Web写真界隈 第4回 滝口浩史
「『狭間』という写真はひとつの使命を終えたとはいえるけど、
でも撮り続けるしかない、と思っています」

最初の写真を見る。
それは2枚組の、病床にあるという恋人の母と恋人の写真。

涙が自分の頬を伝い落ちた。

こらえきれない。何と悲壮なことか、悲愴なことか?
左の表情は悲しい、確信に近い別れの、決して消えることのない哀しみ。
右の表情は感謝。自分を育ててくれた母親への感謝が表情に見える。

この写真は2枚組だからこそ、
二つを一つの作品として捉えたからこそ、
この悲しみと感謝の気持ちを、見ているものへ伝える、
少なくとも私に対して伝えたのだと思う。

そこには、人々が持つ、死と生に対する観点が照らし出されるという。

この写真が撮られた2日後に、この母親は世を去り、
この写真を撮った、被写体である恋人の彼は写真家となった。

センチメンタリズムはここまでにして、この記事を評したいと思う。

過去を排し、変化し続けるという彼の、Web写真に対する姿勢は
自分とは違うものであるが、また違った視点を感じることができ
こういったWeb写真の扱い方があるんだと感心させられた。
自分は、鉄道サイトにおいては資料性があり、その影響からか、
Web写真は蓄積され、記録され遺されるものと思っている。
その姿勢は当面の間、変わることはないと思う。

それだけに、この変化を求め続ける彼が、うらやましい。
「狭間」を超え、飛躍する彼を、ぜひ見てみたいと思っている。

2006/04/28

地味に執筆

ポスト @ 13:53:04 | 近況,自サイト

NO BGM
YUUです。

撮影無しで帰宅。
さくらボック(ドッペルボック)を飲みつつ、
26日の大月・相模湖・国府津の旅行記を執筆。
酔ってフラフラになれば14時。
一旦寝ることにする。

20時頃起床。旅行記の続きを書いていると、
某サイトの運営支援で素材づくり。
途中、知人から自分がBGMを提供したねとらじを教えられ
放送していることを知る。自分の作ったBGMが流れてテンションUP。忙しいw
ねとらじはトラブルによって切れてしまったが、次回の放送を期待。

あれこれやって、22時。出勤準備。
旅行記執筆はまた次の機会。
そんな日々が続く。